一度欲望に負けると他の事もなし崩しに失敗する理由とその対策法

一度欲望に負けてしまうと、他の事に対してもなし崩し的に失敗しやすくなる。

最近の私の経験でいえば、仕事に疲れ、カフェで甘いものを食べてしまった時があった。

食べている時は、砂糖禁を破ってしまった罪悪感もあったが、甘いものが疲れた体に染みてとても幸せに感じた。

ところが・・・

カフェを出て家に着いた時、なぜだか普段は見たいと思わないエロ動画を無性に見たくなっていた。




「どうにでもなれ効果」の正体

これはマズいと思った私は、無理やり外に出て少し遠くの公園まで散歩しにいった。

そうしているうちに、エロ動画見たい衝動がだんだんと収まってきて、事なきを得たのだった。。

 

家でエロ動画見たい衝動に襲われた時の感想は、見てはダメだと理解していても、脳が言うことを聞かない感じがした。

この衝動とは、

「そっちに甘い蜜があるぞ~」

という”脳の命令”である。

理性だけでこの命令に立ち向かうのは非常に困難だと感じた。

これはあまりいい例ではないのだが、テレビで覚せい剤依存症の人が良く言っている

「一度クスリに手を出すと無意識にクスリを求めてしまう」

という状態と本質は同じではないだろうか。

クスリの効能によって、脳の快楽を求める部分の機能が書き換えられてしまったからだろうと思う。

 

「一度節制に失敗すると、脳の仕組みが変わってしまう(強制的に変えられてしまう)」

 

これはとどのつまり、「自分の意思だけでは、もうどうしようもない」ということになる。

このことは覚えておいて決して損はないだろう。

 

「どうにでもなれ効果」を防ぐ心構え

「どうにでもなれ効果」とは、

「どうせ失敗したんだから、今思いっきり楽しまなければ損だ」

と考えてしまうことだ。

イメージとしては、急な雪山の山頂から雪だるまが大きくなりながら転がっていくように、欲望がどんどん膨らみながら転がっていくような感じだ。

一度失敗してしまうと、二度三度と失敗するのも同じだと考えてしまう。

だが、これは大きな間違いである。

一度っきりの失敗と、同じ時期に二度三度と繰り返す失敗とは、「天と地」「蟻と象」ほどの違いがある。

そのままズルズルと戻れないところにまで落ちてしまうと、元々いた雪山の頂上(節制生活)にはもはや戻れなくなる。

 

そこで、砂糖禁を破ったりするときなど「欲望に負けると決めた時」は、次の事を守ることが鉄則となる。

  • 失敗は1回まで
  • 欲望に負ける時は衝動的にではなく計画的に負ける
  • 「負けた後、なし崩し的に負けたくなるという衝動に襲われる」と負ける前から把握しておく

 

冒頭の私の経験談の場合では、このことを知っていたので、「外に出る」という選択肢を取ることができた。

今までコツコツと築き上げてきた節制の壁を守るためには、「どうにでもなれ効果」のリスクを最小限に抑える必要があるだろう。

 




一度欲望に負けると他の事もなし崩しに失敗する理由とその対策法」への9件のフィードバック

  1. テーマとは関係ないのですが、AVの話が出たので。
    自分、ほとんど夢精しなくなってるんです。
    といっても何か心がけているわけではないんですが、思い当たるのが
    筋トレ中の習慣の様な気がしているんです。
    基本自宅で1時間くらい鍛えてるんですが、その際にテストステロン出たら
    いいなあと思ってAVを見ながらやってるんです。
    (ものすごくしょうもないことを書いてます。自覚はあります。すみません)
    そしたらそれ始めて以降、夢精の回数が目に見えて減りました。
    他に何か始めたわけじゃないんで、これが原因だと思うんですよね。
    エロいもの見ながら全力を尽くすと体が射精でもしたと勘違いするんですかね。
    よくわからない不思議な体験です。
    (重ね重ねしょうもないこと書いてすみません。)

    1. >ノリ助さん
      エロ動画を見ながらの筋トレは斬新的なアイデアですね。
      テストステロンがドバドバ出そうでおもしろいです。
      その効果はいかがでしょうか?今度一度試してみたいと思いました(笑)

      夢精は長期オナ禁とは切っても切れない関係だと思いますが、実は今の私もノリ助さんと同じで夢精がほとんどなくなりました。
      これは私が始めた「とある方法」によるものだと思っているのですが、そのとある方法とは近日中の記事に投稿する予定です。

      1. BGMならぬBGエロ筋トレですが、とりあえずエロ動画見られるっていう誘因が働くんで筋トレ始めるのが少し億劫じゃなくなると思います。画面で一生懸命プロレス(最近の女優さんてばもう…)されているのを見てると、ギリギリのもう一押しっていう力が出るような出ないような、これまたそんな気がします。あと終わった後、妙な充実感があります(何書いてんだオレは…)。
        ただし、レップ間や種目間の休憩時間がついつい長くなって効率的じゃありません(*_*)
        あと禁欲を是とする者の端くれとして、こんな直接的にエロを、性欲を利用するようなことをしてていいのか、この行動の正当性をどうするのか、若干苦しみます(アホか…)。
        まあ自分の場合、たぶんこれのお陰で夢精がふた月に一度程度に減ってることですし、力も付くので他にデメリットがなければ止める理由もないって感じであります。
        ただし、似てるようで非なることとして、性欲を発散するべく筋トレをすることとは全く異なることですのでご注意いただきたいです。特にオナ禁をこれから始めようとされている方には有害だと思いますのでこの方法は無視していただければと思います。

        1. すみません、ちょっとだけ補足を。
          前は2週に一度くらいの頻度で夢精してたもので、そこから比較しての減ったという表現でした。
          「全然夢精してるじゃねーか!」と思われた方、どうぞあしからず。

        2. >ノリ助さん
          早速、名付けて”AV筋トレ”をやってみました(笑)
          具体的には、スマホを床に置いてAVを流しながら腕立て伏せです。(アホっぽいですが)
          もともとエロ動画には感動がなくなっている私でしたが、たしかに踏ん張る力がいつもより増していると感じました。
          ただしこれは諸刃の剣で、そのままリセットしてしまうリスクも非常に増してしまいます(特に床で背筋運動をしている時は・・・)

          これは「性欲は男を動かす原動力」と実感できるすばらしい方法だと思います。
          AVにはあまり興味ない上級者にのみお勧めできる方法ですね。

  2. さおけんさん。いつもブログ見てます。
    僕もランニングしながら、欲を昇華させてます。
    でも、10日に1度ぐらいで夢精してしまうので、 めっちゃ困ってます。
    なので「とある方法」すっごい気になります。
    記事楽しみにしてますっ!

    1. >こうちさん
      いつもブログを見ていただきありがとうございます。
      そういったお声をいただけると、執筆の励みになります。

      夢精ですが、好意的に捉えるとすれば、性エネルギーが有り余っているとも言えます。
      これをコントロールできれば体内に性エネルギーを留めることができますね。
      「とある方法」についてはこちらの記事ですので、こうちさんのご参考になれば嬉しいです。

  3. ありがとうございます。 思い出したときに校門を閉めてます笑
    ちなみにAV筋トレ。僕もやらせてもらいました。 ここ最近無気力すぎて、生きていることにすら少し危うさを感じてしまったので、
    結果からいえば、性エネルギーを強制的に昇華させることが出来、良かったです。
    ただ筋トレ中ずっとみるより、筋トレ前に見るほうがいいのかなぁとも思ったりします。 けどせっかくなのでずっと見てしまいました笑(ここは欲には勝てず)
    しかしやはり男の活力は 性だと思いました。これを失ってしまっては、本当の意味で魅力ある男性になれない気がします。あの福山雅治もAVマニアですし、性欲をコントロールすることがきっと大事なのですね。

    1. >こうちさん
      AV筋トレは踏ん張りがきくからいいですね。こうちさんも禁欲上級者ですね。
      筋トレ前に強制的にムラムラさせておいて、その欲を筋トレへのパワーへ変えるというのはまさに「性エネルギーの転換」そのものだと思います。
      このエネルギーを上手く使いこなせれば、他の誰にも負けない力が手に入る気がします。

      難しいのは、この性エネルギーは時に暴走してしまうということですね。
      無気力にならず、かつ、暴走しないくらいの性エネルギーのコントロール力が必要だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です