オナ禁継続のコツ:失敗した原因を観察する+同じ過ちを繰り返さない

あらゆる失敗には、必ず何かしらの原因がある。

原因のない失敗はない。

そして将来は同じ過ちを繰り返さないようにする。

・・・たったこれだけでオナ禁も含め何かを続けられるようになるはずのだが、実際にはそうはならない。

それはなぜだろうか?




今の失敗は過去の失敗から学んでいないから起きる

私も含め、人間とはとても愚かな生き物であり、まったく気付かずに過去にやってしまった過ちと全く同じ過ちを何度も繰り返してしまう。

あの時に同じような過ちをして後悔したはずなのに、なぜまた・・・?

 

同じ過ちを繰り返す理由は、極めて簡単である。

「人間は時間が経てば過去の過ちを忘れてしまうようにできているため」

である。

 

何も、忘れてしまうのは過ちだけでない。

過去に起きた良い事も悪い事も悲しい事もみんな、時間が経てば自然と忘れてしまう。

これは人間の生存本能とも関係する。

逆に、忘れてしまう(忘れることができる)からこそ、この先も生きていける。

 

もしも、何かを忘れることができずにいつまでもずっと覚えていられる(忘れることができない)としたら、それはそれでとても辛いだろう。

遠い昔、自分に近しい家族が亡くなってしまった悲しみについて、いつまでも引きずって生きていくというのは不可能だ。

だからこそ、将来も生きていくために、「忘れる」という能力を神様は与えてくれたのだろう。

亡くなった家族がいたことを決して忘れてはいけないが、その時の悲しみはいつかは忘れなければ生きていけない。

 

この「忘れる」という能力は、失敗に関しては負(マイナス)の方面に働く。

過去のあの時に同じ過ちを犯したのに、ひとたび欲望に襲われると、遠い過去の過ちや後悔は”パーン!”と音を立てて記憶から飛んでいき、簡単に忘れてしまう。

そして、愚かにも過去にやってしまった同じ過ちを繰り返してしまう。

 

後悔を忘れないためには原因と対策法を記録する

冒頭に戻るが、あらゆる失敗には何かの原因がある。

忘れないために、失敗した時の原因とその対策法を記録するといいだろう。

ノートでもブログでもなんでもいい。

人間は忘れる生き物」という事実を刻み込み、とにかく過去の過ちを忘れないようにする努力が必要だ。

 

オナ禁であれば、<リセットの原因>→<対策法>の順に記載すると、こうなる。

  • エロ光景が目に入ってムラムラした → 普段からエロ光景から目を逸らすようにする
  • ついフラフラとエロ動画を見てしまった → PCやスマホにアダルトサイトブロッカーを入れる
  • イライラした → イライラした時に自慰以外の別の方法をあらかじめ考えておく
  • 疲れてしまいつい → よく休み眠るようにする

 

これはとても簡単なようにみえるが、本当にきちんとできているだろうか?

自堕落な行為をした後というのは、はっきり言って禁欲などどうでもよくなっていると思うことが多いだろう。

そこを何とかふんばって、失敗してしまった原因をじっくりと考えて観察し、今後同じ過ちを犯さないための対策法を考えることができるかどうかが、禁欲を継続できるかどうかの分かれ目となる。

 




オナ禁継続のコツ:失敗した原因を観察する+同じ過ちを繰り返さない」への4件のフィードバック

  1. 恥ずかしい話ですが、オナニーを知る前の私は俗に言う不良少年でケンカばかりしていました。オナニーを知った中学の途中から大人しくなりその時は単に大人になったんだなと思ってました。しかしオナ禁をしてから昔の不良だった頃の自分が少し戻った気がします。理不尽な目に遭っても冷静に対処するのが今の課題ですね。

    1. >Masaさん
      Masaさんは格闘技をされているとお聞きしましたが、戦うことが許されるのはリングや道場の上だけですね。
      オナ禁すると凶暴的になるというのは私も経験がありますが、やはり共通していますね。
      テストステロンが増えたことによるかもしれませんし、単に性欲が解消されないことのイライラ感も原因としてあるのかもしれません。
      私も、禁欲とともに平常心を保つことも並行して鍛えたいと思っています。
      これには瞑想が役に立つと思います。

      1. 私が格闘技を始めたきっかけは上級生からいじめられてたことが原因ですね。
        私と同じ境遇で格闘技を始めたGacktさんは「いじめを受けてたらまず自分から動け。自分の弱い心が相手にそうさせてるんだから。もし自分が肉体的にも精神的にも強くなれば、いじめてくる奴はそういうのにすぐ気づいて手が出せなくなる。その時に今まで自分をいじめてきた相手がどれだけ小さい人間のすることかってことに気がつくよ。」
        この言葉は私にとても響きました。今でも精神的にもっと向上していくために修行中です。

        1. >Masaさん
          そうだったんですね。いじめる人は自分よりも弱い人しか対象にしないので、いじめに対抗するには自分が肉体的に強くなるのが早いですね。
          結局のところは禁欲と同じ、欲望に負けてばかりいないで努力を続けることが肝心ということになります。
          やはり、努力を続けることのできるGacktさんの言葉は重いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です