オナ禁の効果:自分の体から”オーラ”が出る

「オーラを身につけたい」

高みを目指す人の中でよく言われることだが、私の場合、割と簡単に目に見える形で自分の体から”オーラ”を出すことができた。

訪問者「さおけんは何をたわごとを言っているのだ。シコりすぎて頭でもおかしくなったのか?」

・・まあ誰に何と言われようとも、本当に自分の体から”オーラ”を出したのだからしょうがない。




”オーラ”の正体

私が出した”オーラ”というのは、正確には、身体から発散された「蒸気」である。

 

この”オーラ”を出す方法には、一定の条件が必要となる。

  • 涼しめの夜
  • 野外で長めのランニングなどの運動をする
  • 汗を大量にかくくらいに体温を上昇させる

たったこれだけ。

 

・・・ガッカリされたかもしれないが、話を続けよう。

運動し終わった後に体から発散される熱が、冷たい大気にさらされて凝固し目に見える現象。。

これが私の言う”オーラ”の正体だ。

そのとき、「白い煙のような蒸気」が私の身体全体から放たれていた。

夜の街灯の光に白い蒸気が不規則に混ざって、我がことながら、とても幻想的な光景だと思った。

これはまるで、スーパーサイヤ人孫悟空が出すオーラとまったく同じだと思い、私はニヤリとした…

 

「自分の体からオーラのようなものが出ている!」

 

まあ何のこともない、涼しい夜に大量の汗をかく運動をすれば、誰にだってできること。

この”オーラ”体験、禁欲者万人にオススメできる。

自分の体から白い蒸気が出るのを見ているだけで、不思議と自分に自信が出てくる。

 

ちなみに夏の時期は夜も暑いことが多く、運動後に体から蒸気は出ていても冷えないため、蒸気は目には見えない。

また、冬は相当な負荷をかけないと大量の汗が出るくらいに体温は上がらない。

もし自分の体から出る”白いオーラ”が見たければ、夏になる直前(6月頃)か、秋(9月下旬~)に運動をするのがベストだろう。

 

「本当のオーラ」を持つ人

オーラの話をしたので(偽りのオーラかもしれないが)、「本当のオーラ」に関する話をしよう。

私は前に、元内閣総理大臣を務めた方の講演を聴きに行ったことがある。

当時はオーラ素人だった私にでも、その方からは「本当のオーラ」が見えて目が離せなかった。

”たった一言、一瞬で大衆を引きつけるという能力”というのは、国のリーダーとして必要な能力だと感じたものだ。

 

また、個人的には、男よりも女の方がこのオーラをかぎ分ける能力に長けている人が多いと思う。

「今はまだまだだけど、この人は将来確実に大物になる」と見分ける能力は、女の方が強い気がする。

海外の禁欲サイトにも、禁欲していたら「あなたからはオーラとフェロモンを感じる」と女性から言われたという報告があった。

オナ禁による女性からの視線効果というのは、このオーラやフェロモンが見えているからではないかと思っている。

女の感や鋭さというか、そういった目に見えない物を見る力を持っているのは、女の特権かもしれない。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です