~コラム~ オナ禁と臭いの関係など

突然だが、私は男が嫌いだ。

なぜならば、男の体臭は臭いからである。

朝の通勤電車でもし隣に男が座られると、嫌な気分になる。

男の体臭に香水やタバコの匂いが加わると、朝から気分はサイアクだ。

ごくまれに男で臭いのまったくしない人がいるが、そういった人にはとても好感が持てる。

自分はこういった匂いのない男になりたいと思っている。

 




ちなみに、女は男と違って匂いにとても敏感だと思う。

私はタバコを吸わないのだが(遥か昔にやめた)、朝に分煙されているカフェに行き、出勤後に社内の女性に会うと、その人からは「タバコの臭いがしますけど吸いました?」と言われることがある。

自分で自分の服の臭いをかいでも、タバコの臭いはまったくしないように感じる。

私には、この理屈はまったくわからない。

だけど、女性からは臭いの違いに気が付く。

また、いつも定期的に会う女性(どういった関係は察してほしい)から、「今日はいつもと違う臭いがする」と言われると、ドキッとする。

もちろん、何もやましいことはしていない。

妻が夫の浮気を見破る時は、たいてい匂いで気が付くという。。

 

オナ禁してからというもの、自慰行為の習慣のある男の体臭はよく分かるようになった。

この臭いをたとえるならば、「腐った魚+酸っぱい汗」といった感じの臭いだ。

この臭いを発している男がいると、無意識に避けるようになった。

逆に、昔の猿時代の自分からこのような体臭を発していたのかと思うと、なんだか悲しくなる。。

 

ちなみに、異性の臭いについてはDNAの配列の違いによってその感じ方が変わるらしい。

遺伝子学的に言うと、DNAの配列が遠い者同士が交配すると免疫力の強い子供が生まれ、近いとその逆になる。

そして、DNAの配列が遠いほうが、より良い匂いに感じるという。

北海道出身と沖縄出身の異性がそれぞれ惹かれ合うことが多いのは、そのような関係があるかもしれない。

一般的に年頃の娘が父親の臭いを嫌うのは、近親相姦を避けるためでもあり、DNAの配列の近い同士の交配によって障害のある子供が生まれないようにするためでもある。

そのため、

「好きな男のタイプは自分の父親のような人」

と娘から言ってくれるのは、とても幸せな家庭だろう。

 

臭いについては、ビジネスチャンスがあるかもしれない。

もし臭い測定器と臭いの種類、そしてその対策方法などを総合的に指南していくれる施設があれば、きっと流行るだろう。

さらには、臭いからDNAの配列の違いまでも指摘してくれれば、理想の異性像が瞬時にしてわかるかもしれない。

いずれそういった時代が来るだろう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です