性エネルギーの転換運動1ヶ月の効果3つ

私はこの最近1ヶ月間、定期的にチベット体操をし、瞑想をし、チャクラを意識した生活を送っている。

瞑想中には、下半身に貯まった性エネルギーが体内に巡回しているかのようなイメージも行っている。

いわゆる「性エネルギーの転換」というものを1か月間、積極的に行ってきた。

ここでは総称して”転換運動”と呼ぶことにする。

この転換運動の成果のいくつかについて、こちらに記したい。 (さらに…)

続きを読む

「自分の信念を持つこと」の意味とは

このブログでは禁欲を続けるための考え方として、「確固たる自分の信念を持つこと」だと述べている。

誘惑や快楽に流される人の多い中で、「何があっても、誰がやろうとも、自分はやらない」という信念が禁欲には必要となる。

もちろんこの「信念」という言葉には、良い意味もあれば、悪い意味もある。 (さらに…)

続きを読む

英語と禁欲の相性 ~英語学習の王道とは~

今回は英語の話であり、どちらかといえば禁欲よりも英語に興味のある人向けである。

英語の話題の中にも、禁欲の話も少ししているといった感じだろうか。

この記事の中には、自慢または謙遜といった、自分を過大評価したりまたは過小評価したりは一切していない。

すべてありのままの、完全なる「正直ベース」の内容である。 (さらに…)

続きを読む

(日記)射精後の強烈な虚しさ

最近、私は、仕事上で責任のある立場になった。

部下が増えた。

仕事が増えた。

やりがいが増えた。

収入も増えた。

この立場は目標としていたポジションだった。

なので、朝からセクリセをした。

数カ月ぶりだった。

精の放出後、女が隣にいるにもかかわらず、猛烈な虚しさに襲われた。

それはオナ禁奮闘時代のリセット時に感じた虚無感を超えていたように感じた。 (さらに…)

続きを読む

ヴィシュッダ(第5チャクラ・喉)を開く運動と伝わる英語

私は割と口が上手く回らなかったり、言いたいことをかんでしまったり、自信がない時には声が小さくなることがある。

また、緊張するとかなりの早口になる。

これは私だけかと思っていたのが、自信がない時に声が小さくなる、緊張すると早口なるというのは共通しているらしい。

そんな時には、喉にある第5チャクラ(ヴィシュッダ)を刺激することが役に立つとかんじる。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁の効果:ヒーロー体験を無意識に探す意識が芽生える

ここ最近1年間の仕事で、失敗もいくつかあったものの、大きな成功もあった。

大きな成功は、海外出張でおさめることができた。

海外へは一人で行ったが、もちろん、この成功は自分一人だけの力でできたわけではなく、周りの人、特に上司の助力があったからこそである。

この感謝を上司に告げると、「オレは日本にいただけで何もしていない」と謙虚な返事。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁の効果:自分の体から”オーラ”が出る

「オーラを身につけたい」

高みを目指す人の中でよく言われることだが、私の場合、割と簡単に目に見える形で自分の体から”オーラ”を出すことができた。

訪問者「さおけんは何をたわごとを言っているのだ。シコりすぎて頭でもおかしくなったのか?」

・・まあ誰に何と言われようとも、本当に自分の体から”オーラ”を出したのだからしょうがない。 (さらに…)

続きを読む