(日記)他のオナ禁者のブログを読んだ感想など

以前の記事で述べたことがあるが、私は基本的に他のオナ禁者のブログを読まないという方針を持っている。

その主な理由は、「他の人の禁欲方法に染まりたくないから」というのと、「リセット報告があるから」、そして極め付けなのが、「得られるものがほとんどないから」である。

その中でも特に「オナ禁の効果」を解説しているものに関しては、過去に全て自分が体験済みのものばかりが記載されているため、読んでも全く得られるものがないと感じる。

このような(上から目線な)方針を持ってはいるものの、先日私にご相談メッセージをいただいた方がオナ禁ブログを運営されていたので、せっかくなのでその方のブログを読ませていただいた。

その方のオナ禁ブログをじっくり読んでみると、自分にはない観点や新たな気づきがあり、読んでよかったと思えた。

「オナ禁ブログを読んでも得られるものがほとんどない」というのは、撤回しようと思う。
(さらに…)

続きを読む

出会いを見つける方法 ~「はじめの一歩」を踏み出す~

先日カフェでこのブログの記事を書いている時、私の隣の隣に座っていたOLと思わしき2人組の話声が聞こえてきた。

「彼氏欲しいけど出会いないんよね~」

私はふとこう言っていたOLの顔を遠目に見たが、20代後半くらいに見えるそこそこ可愛らしい女性だった。

なぜ出会いがないのだろうか? (さらに…)

続きを読む

オナ禁で身に付く「自信」とモテ効果の関係

異性にモテたいと思ったら、自分に自信を持つことは重要である。

  • 「自分なんてクソだし」
  • 「こんなオレが女にモテるわけがない」

このような自信のない考えを持っている時点で、モテる要素が減ってしまう。

「これは性能の低くて使い勝手の悪い家電だけど、買ってください」と店員さんから言われて、買ってくれるような消費者はいない。 (さらに…)

続きを読む

安易に快楽を享受すると将来に必ず代償を払う

最近のニュースは、著名人(政治家や芸能人など)による不祥事(率直に言えば不倫)の話ばかり。

いずれの著名人も、社会的に認められていて、収入も多く、努力を継続できる(努力をしてきた)人たちばかりなのに。

なぜ努力の継続ができる人たちが、こうも安易に問題事項を起こしてしまうのか?

ここに、”欲望”の恐ろしさを感じる。 (さらに…)

続きを読む

良いモノが自動的に自分を高める ~投資と効果~

世間一般的には、質素や倹約が美徳とされている。

不要なモノは買わず、なるべく倹約し、質素に生きる。

これはこれで正しい考え方だと思うが、この考え方は、すでに社会的に成功した人が行うことで意味をなしてくる。

(たとえば、故スティーブ・ジョブズ氏がいつも黒セーターにジーパンルックでも誰も不思議に思わなかったように) (さらに…)

続きを読む

長期オナ禁からオナ猿へ転落すると復帰は困難(だが不可能ではない)

昔の私の経験になるが、オナ禁を始めてからだいたい2年後くらいのこと。

4~5カ月間のオナ禁が続いていたことがあった。

(そのころ、オナ禁カウンターアプリの日数が140日くらいだった記憶がある)

「これでもうオナニーからは卒業だ!」

私はこうタカを括っていた。

だが、そんな傲慢だった私に悲劇が訪れた。 (さらに…)

続きを読む

男の性欲と「オナ禁のモテ効果」(接しても漏らさずの考察含む)

かなり今さらな話だが、「オナ禁をすると女にモテる」と言われているからオナ禁を始めるという人は多い。

これは「オナ禁 モテる」のワードでネット検索してみるとよくわかるだろう。

私個人の経験ではいくらオナ禁してもこのような異性モテ効果を思うように感じなかったのだが、「オナ禁すると女にモテる」と言われる理屈は十分に理解できる。

そんな今さらな話題だが、ここ考察してみたい。 (さらに…)

続きを読む

「性欲を限界まで高めて接しても漏らさず」1か月後の効果3つ

「性欲の限界まで上昇+完全射精禁」から、1ヵ月。

この1ヵ月間というのは、私の長年の禁欲ライフの中でも完全に未知の体験である。

これをやっていると、今までのセクリセ(性行為での射精)OKルールというのは、実はそれほど難易度が高くないことのように思えてきた。

なにせ、今まで”やった”時というのは、”必ず出していた”からだ。

(さらに…)

続きを読む