「性欲を限界まで~接しても漏らさず」翌日以降の効果

あれから数日。。

いろいろと凄まじい効果を感じた。

これほど凄まじい効果があるにも関わらずほとんど語られることがないのは、それほどオルガスムの誘惑が強いということだろう。

(言うまでもないが、誘惑に負けて出してしまったとしたら「接しても漏らさず」にはならない)

また、出す機会があるのにそれを敢えて出さないことを選択する男はほとんどいないということでもあるだろう。




「接しても漏らさず」翌日以降の効果

言い忘れていたが、先日、「性欲を限界まで高めて接しても漏らさず」を実施した。

その時の体験談の記事はこちらである(エロ描写ありにつき、閲覧注意)

 

我ながら今思えば、「大金を出して美女と寝んごろし、元を取らない」という、なかなか思い切ったことをしたと思う。

これができたのは、たまたま運が良かっただけかもしれない。

その数週間前に、出してしまったことによる強烈な虚無感を感じていたおかげかもしれない。

早速、その後の効果を記そう。

 

<翌日:体が強烈に重い>

「接しても漏らさず」の直後に感じていた下半身の鈍痛は、すでになかった。

だが、その翌朝はとても目が開きにくく、目の中がとても乾燥しているようだった。

また、ベッドから起き上がっても、まるでセクリセ(放出)した後のように身体が重い。

当然、仕事に対するやる気もあまり出ず、

「やっぱりあん時に出しときゃよかったかな・・」

とすら思い始めていた。

成果もあまりあげられないまま、早めに寝た。

 

<2日後:エネルギーと意思力に満ち溢れる+女性効果>

前日の体の重さとはうって変わり、この日はものすごく意思力に満ち溢れていた。

いつもの数倍のスピードで勢いよく仕事をこなし、話し相手の一言一句に耳を傾けて適切な答えをした。

また、社内の他部門に雑用で行った時、普段はまったく話すことのない複数の別々の女性から、絡みつくような視線を感じた。

いずれも、こちらが恥ずかしくなるくらいのガン見っぷりだった。

私が視線を送り返すと、いずれも2~3秒くらい目が合った後、向こうから気まずそうに目を逸らされた。

それ以外にも、来社した取引先女性と話をする機会があり女性が私の隣に座ったのだが、私との距離がものすごく近かった。

まるで恋人同士かのような距離の近さであり、資料をめくる時に何度かお互いの腕が触れた。

 

これらについては、「性欲を限界にまで高めて接しても漏らさず」をしたことによって、下半身を中心に性エネルギーがグルグルと渦巻いているような感じがしていたので、女性たちはその”氣”を感じ取っていたのかもしれないと勝手に思っている。

もちろん自意識過剰で気のせいというのも否めないが、異性からこれだけ立て続けに視線を送られたり距離を縮められたりすると、目に見えないプラーナ(=氣)の存在を信じざるを得ない。

 

「接しても漏らさず」効果のまとめ

「限界まで性欲を高めて接しても漏らさず」の効果は、すぐに実感することができた。

だが、これを毎回やるのはハードルがかなり高い。

放出したい欲望との闘いに毎回勝てるとも限らないし、プロを使えばお金もかかる。

そのうえ、風〇サイトの出勤表を見ることがルーティーンワークとなってしまったら、何のための禁欲なのかがわからなくなってしまう。

 

これを読んでいる方で、もしそういった機会(接しても漏らさず)がやってくれば、モノは試しにやってみると良いと思う。

その時には、相手の女性から驚かれるか、殴られるか、女としての自信を無くさせてしまうといった覚悟が必要となるだろう。

相手が美女であればあるほど漏らさずの難易度が高くなるが、きっとその分だけ効果があるはず。

 




「性欲を限界まで~接しても漏らさず」翌日以降の効果」への10件のフィードバック

  1. 遂に来ましたね。この更新楽しみにしてました。
    僕も、暑さのせいか少し無気力が続いたりして、ランニングなどのモチベーションもかなり下がっていました。
    しかし発射欲はないのですが、昔からオッパイが大好きで、とにかくおっぱいに包まれたい埋もれたい気持ちが常にあり、
    最近さおけんさんの「接してもらさず」を読んで、おっぱいパブに行こうか悩んでました。
    AV筋トレも試して無理やり精エネルギーの転換も試みましたが、やっぱり所詮は画面の中なので、触れられることはないですし、女性の臭いやフェロモンを感じるとこともできません。
    今回の記事を読んで、お金はもったいないですが、僕も人生初のおっぱいパブもしくは風俗に挑戦してみたいと思います。 また引き続きなにか効果があればぜひ教えてください。毎日更新ご苦労様です。励みになっています。

    1. >こーちさん
      更新を楽しみにしていただき、ありがとうございます。
      私もおっぱい大好きですよ(笑)
      「発射欲はないけど性欲はある」というのは、実は禁欲をするうえでとても理想的な状態なのかもしれません。

      画面の中の無機質な世界に興奮するよりか、現実の生身の女性のほうがやはり健全ですね。
      私は個人的にセクキャバが苦手ですが、もし何度も行くのであれば、なるべく費用は安く抑えたいものです。
      こーちさんの体験談、是非ともお待ちしております。

  2. 貴重な実験結果を拝読させていただきありがとうございました。
    不思議な効果があったようで、やはり昔の人の経験から生まれた知恵というのは興味深いものだと改めて感じた次第です。今よりも生き残るのにハードな環境にあって、身体感覚が鋭かったでしょうし。
    続けたらどうなるのかもぜひ知りたいところですが、やり過ぎると相手にブチ切れられる恐れが大いにありますね。笑 そういう意味じゃ諭吉さんで解決するのが良さげですが、それもちょっとねぇ(苦笑)

    1. >ノリ助さん
      そうですね、「接して漏らさず」を彼女にやりすぎてしまうと、ある日突然、別れを切り出されるかもしれません(笑)
      命の危険のない平和なこの時代に、この秘法を続けることができるかどうかは、精神力の強さに依ると思っています。
      個人的には、数カ月に1度くらいはこれを試してみたいと思っています。

  3. リンクの所に”pz-linkcard: Incorrect URL specification.”と出ていてリンクに飛べなくなっています。
    最近他の記事でもこの表示を見かけます。

    1. >Shelterさん
      リンクコードの書き間違いがありましたので直しました。
      助かりました。お知らせいただきありがとうございます。

  4. さおけんさん。これから行って参ります!
    絶対に射精せず帰ります。命に変えても出さないぞ!

  5. 遅くなりました、さおけんさん。
    セクキャバでおっぱいを堪能後は、何事も無く家に帰りました。その店はキスだできなかったのが残念でした。
    キスには女性ホルモンがあるそうなので、それを吸うことで何か高まるものがあるかなと思ってはいたのですが
    とりあえずその後は何もありませんでしたが、3日後、合コンで知り合った女性と食事をし、その後向こうの家でお酒を飲むことになり、最終的泊まることになりました。
    禁欲してたので、このままセックスはせずに帰ろうと思い、ー寝ながらも何も触らずに、ただ会話して寝ようと思ったら、 「私って魅力ないのかな?」と向こうから寄って来られました。
    さすがにそんなこと言わせて何もしないで帰るのはできなかったため、夜と朝2回して、久々にSEXでした。
    初めて向こうから迫られたので、3日前に溜まった性エネルギーが、外へ出ていたのかもしれないですね!
    しかし精を放出してしまったため、今まであった満ち溢れるエネルギーは少し減ってしまいました。
    禁欲はまた再開したいところです。しかしあの場にいると、やはり断ることは難しい・・・
    また今週会うことになってます。 もしかしたらお付き合いすると思います そしたらオナ禁からは卒業なのかな? 

    1. >こーちさん
      これは!素晴らしい体験談をいただきありがとうございます。
      こーちさんの書き込みを読んで、「大人の男としての余裕」がその女性を引き寄せたのだと思いました。
      女の子の家に泊まるという時点で何もしないってことは普通はあり得ないのですが、その普通はあり得ないという事を真顔で真剣にしようとしたこーちさんの態度に、その女の子は「あれっ?」と思ったのでしょう。
      私が実施した「接しても漏らさず」と似たような事かもしれません。
      性エネルギー転換の底知れぬ力を見た気がします。

      もし無事に卒業(その女性とお付き合い)されたらこのブログともお別れかもしれませんが、ごくたまには見に来ていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です