「性欲を限界まで~接しても漏らさず」1週間~10日後の効果

このシリーズ「性欲を限界まで高めて接しても漏らさず」について、アクセス数が最近書いた他の記事より倍以上も多い。

”美女(商売女性)とベッドインして、男がフィニッシュを敢えてしない

という体験談と効果は、ネットではあまりなく珍しいのだろうと思う。

この方法に価値があるかどうかは別として、アクセスが多いのは素直にうれしい。

なので、日記風にその続編を書こうと思う。




性欲を限界まで~接しても漏らさず」の1週間後

まずは、体験談。

 

この1週間後・・・

実は、今の私は「チェイサー・エフェクト」(chaser effect)に侵されている。

チェイサー・エフェクトは海外のオナ禁サイトでは頻繁に登場するが、的確な日本語訳はないのではないだろうか。

”追いかける効果”

カンタンに言えば、また欲望を満たしたくなる気持ちが表れてしまう効果である。

リセットした翌日~数日後に、またリセットしたくなる時の気持ちのようなものだろう。

 

チェイサーエフェクトに侵されているとは・・・つまるところ、またあの時の最高な風〇嬢(Yちゃん)に会いたくなっている自分がいるのだ。

出したいというわけではなく、ただ単に、あの時みたいに会って話してイチャイチャしたい。。

かといって、好きという感情はない。

「限界まで性欲を高めて、接しても漏らさず」

効果もあるが、反動もある。

慣れないことをいきなりするものではないなと思った。

 

これを見た訪問者の方々は、このように思われるかもしれない。

「悩むくらいなら会いに行けば良いではないか」

私にとってこの選択肢はあり得ない。

この行動は、欲望のままに突き動かされたオナニーとなんら変わらない。

また、風〇にどっぷりハマることほど愚かなことはないと思っている。

お金がなくなる分だけ、自慰依存よりも風〇依存のほうが深刻だ。

 

性欲を限界まで~接しても漏らさず」の10日後

「あん時の子に会ってイチャイチャしたいなー」とか思っていた数日前とは違い、その気持ちはかなり薄れていた。

チェイサー・エフェクトは、時間の経過とともに消えかかっている。

また、仕事と英語学習のプロダクティビティが格段に上がっていた。

特に英語は、ビジネス英語にもかかわらず、聞き取れないような単語がかなり少なくなってきた。

昔にオナ禁で得たエネルギーを別の創造的な事にすべて注ぎ込んでいた時期があったが、その感覚がよみがえってきた気がする。

 

そして、奇跡が起きる。

今日の仕事中、意中の女の子がわざわざ私の元にまで雑談をしにやって来た。

この子がやってきた時、”オナ禁効果”に小躍りしていた昔の自分を思い出した。

 

だが、ほんの数十秒だけ雑談をした後、私は真顔になりこう言った。

「今忙しいからまた後でもいい?」

こう言ってその女の子を追い返した。

そして、私はその後、その女の子に会いに行くことなくその日の仕事を終え退勤した。

仕事が終わった後も、ブログ執筆やら英語やらで他にやることがある。

なんだか、自分に余裕を感じることができている。

 

1週間~10日後まとめ

欲望が上がったり下がったりしていて不安定だが、効果は「すごい」の一言だ。

まだまだ行けるような気がする。

性エネルギーを完全活用するためには、抜くという行為以外で定期的に刺激をしなければダメなのだと感じた。

この方法はもちろん、誰でも簡単にできる寸止めはNGだ。




Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

「性欲を限界まで~接しても漏らさず」1週間~10日後の効果」への6件のフィードバック

  1. 【報告】
    以前はスマホやパソコンを弄るだけでムラムラしてきていたのですが、成人本を購入してからしばらくしたら何故か順調にオナ禁が続くようになりました。
    恐らくインターネットポルノ中毒が改善されたことから、スマホやパソコンを弄っても性欲が湧かなくなったからなのではないかと思ってます。(習慣が是正されたかと)
    性欲が我慢出来なくなったら成人本を使おうと思っていても、インターネットポルノ中毒を改善すると性欲が我慢出来ないということは滅多になくなりました。さおけんさんの見解を知りたいです。

    1. >あのぽんさん
      コンビニに置いてあるような成人本を買わなくなった私からすれば、回答がとても難しい質問ですね。
      PCやスマホ画面よりも紙のほうが脳に与える影響は少ないというのは、直感的にわかる気がします。
      インターネットポルノの依存性は相当強いと感じますので、そこから脱出できればオナ禁は簡単になるというのが私の見解です。
      「オナ禁=エロ禁=画像禁」だと思っています。

  2. はじめまして、貴重な体験記、興味深く読みました。

    自分は、オナ禁エロ禁を徹底した20日後、リセットしようとエロ動画を見始めるがやはり勿体無いと思いとどまり、寸止め一歩手前くらいで辞めたとき、その後の数日間ムラムラ、ムラムラがおさまるとそこから半月くらいはモテ効果を感じました。

    つまり、さおけんサンの体験に近いことを経験しました。

    (それ以降、オナ禁徹底、20日に1回5分エロ動画を見るスタイルにしてます。5分見るだけでギンギンになりますw)

    さおけんサンは、オナ禁エロ禁の果てに、生身で寸止めすることと、ポルノで寸止めすることの違いをどのように考えますか?

    お手隙でけっこうですので、意見聞かせてください。

    1. >フジアールさん
      はじめまして、さおけんです。
      体験談を読んでいただきありがとうございます。

      私も昔はポルノ寸止めをしていましたが、結局その翌日くらいに我慢できなくなってリセットしてしまうことが多かったです
      (多かったというより、寸止め後はほぼ毎回リセットしていた記憶があります)。
      生身だとそういう機会は少ないので(少なくとも相手がいないといけないので)、リセットの危機もかなり少ないと思っています。
      あとポルノは刺激が強すぎて依存性が高いと感じます。
      生身のほうがより依存のダメージが少ないような、肌が直接触れ合うことによって精神的にも満たされる部分があるからだと思います。

      フジアールさんのように寸止めで我慢ができる人は、かなり意思力があることだと思います。
      これは普通にオナ禁することよりも難しい事ではないでしょうか。
      欲望を刺激すると制御できずに止まらなくなることが多いですので。
      私は強い意思力を持っているフジアールさんを素直に尊敬します。

  3. 返信ありがとうございます。

    そうですね、リセットリスク、依存性の視点からみると、生身の方が圧倒的にいいですね。盲点でした、目から鱗です。

    また、その指摘から、自分は禁欲に目先のモテ効果ばかりを求めてたのだとわかりました。
    結局、20日に1度のポルノを楽しみにしてたのではそれも1つのポルノ依存だし、性エネルギーの昇華からはほど遠いことにも気づきました。

    さおけんサン、物事を俯瞰的に見る力、抽象度の高さが違いますね。質問して良かったです。

    (別記事の話題ですが、サンホワイト購入してみます)

    1. >フジアールさん
      ありがとうございます。そこまでお褒め頂けるとなんだか少し気恥ずかしいですね。。
      コメント返信の内容はそんなたいしたことを言ったつもりはありませんので、気楽に取っていただけると嬉しいです。
      依存に気が付くことができたのは、フジアールさんの不断の観察力のおかげだと思います。

      過去の記事に書いた「サンホワイト」ですが、私は寝る前に顔に塗ることが日課になっています。
      おかげで肌年齢で判断されることが多く、いまだに20代半ば~後半に見られます。
      何事も習慣だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です