夢精の完全消失と性エネルギーの体内循環

長期のオナ禁と夢精との闘いは、起こるべくして起こる。

精が溜まりすぎると、それを体外に排出しようとする動きが起きるからだ。

だが最近ここ数ヶ月の間、私は夢精を一切しなくなっている。

詳細な理由はまだよくわかっていないが、おそらくは、「接しても漏らさず」をした上でその性エネルギーを体内に循環しているからだと思っている。

夢精を回避した時の出来事

少し前に、世界的なシンガー(外人)から上に覆い被さられて襲われるという夢を見た。

その外国人シンガーは親日家で、歌・ダンス・パフォーマンスは度肝を抜くほどすごいが、顔はそんなに好みではないと思っている人だった(笑)

おそらく私の脳の奥底にあるであろう”願望”が、夢の中で実現していたのだろうと思う・・・

夢の中で、シンガーから「I love you」と囁かれ、無理やり”positioning on horse”の状態にされた。

 

完全に奥深くまで行ってしまったところで、目が覚めた。

そんな過激な夢だったにもかかわらず、起きても夢精をしていなかった。

起きてすぐのボーっとする頭の中で、”Beautiful!Beautiful!”という歌詞の音楽が繰り返し流れていた。。

 

性エネルギーを体内に循環させる方法

性エネルギーの転換では、下半身に溜まったエネルギーを脳内も含め体内に巡回させる。

「オナ禁すると夢精しやすくなる」とはよく言われるし、私も過去に何度もこの経験があるが、これは溜まった精子が下半身にずっと留まっているからだろう。

 

もしその精子を下半身から体内全体に循環することができれば、理論的には夢精リスクは減らせるはず。

この性エネルギー循環方法の詳細は、以前の下記記事の後段に記載した。

 

このPC筋の開け閉めは、本当にどこでもできる。

上記の記事と同じことを書くが、気がつけばサボってやらなくなっていると気づくことがあるが、電車で隣にフェロモン美女が座った時などは、意識的にPC筋トレーニングをやるようにしている(←変態)

私は電車でPC筋の開け閉めをしながら、何もしていないかのような澄ました顔で英語の本を読んでいる。

なので、誰もこの動きに気づくことはない。

さすがに腰を激しく動かしたりしたらバレるかもしれないだろうが、そこまでの動きは必要なくやっても無意味だし、そもそもそんな動きをしていたら気持ち悪くて乗務員に通報される。

それに、どんな美女といえども、電車の中ではたいていスマホにかじりつき。

私は、その美女が「今度はどの男と遊ぼうか」みたいな妄想していると想像しながら、チントレをしている。英語の本を読みながら。

これはある種の優越感。

 

禁欲しながらも、夢精をしなくなった。

この効果はとても大きい。

貯めたエネルギーが無駄に外に出てしまうことがなくなるからだ。

長期オナ禁者で夢精に悩んでいる人は、めんどくさがらずにこのPC筋トレ-ニング(チントレ)を試してみてほしい。効果は必ずある。

夢精の完全消失と性エネルギーの体内循環」への3件のフィードバック

  1. さおけんさん、いつも参考になる記事楽しみにしています。
    過去記事でオナニー臭について書かれていますが、このオナニー臭は禁欲するとすぐ改善されましたか?
    個人的にもオナニー臭は絶対あると思います。

    1. >脱サラコナーさん
      オナニー臭の改善には禁欲から1週間くらいはかかった気がします。
      私はオナニー臭とはジヒドロテストステロンの臭いだと思っていますが、完全に体外に排出されてしまえば体臭は無臭になります。
      ランニングやサウナなどで大量に汗をかくと匂いがなくなるまで早いと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です