長期オナ禁からオナ猿へ転落すると復帰は困難(だが不可能ではない)

昔の私の経験になるが、オナ禁を始めてからだいたい2年後くらいのこと。

4~5カ月間のオナ禁が続いていたことがあった。

(そのころ、オナ禁カウンターアプリの日数が140日くらいだった記憶がある)

「これでもうオナニーからは卒業だ!」

私はこうタカを括っていた。

だが、そんな傲慢だった私に悲劇が訪れた。

 




いくら長期オナ禁していても油断は大敵

当時の私はセクリセOKとしていたので、長期オナ禁の最中に風俗(デリヘル)に行った。

そこで、”ちょっとしたきっかけ”(ラブホに備え付けのテレビでエロ動画を見ていたところ、そのAV女優がめちゃくちゃ好みだった)により、そのまま簡単にオナ禁リセットしてしまった。

(ちなみにその時のデリヘル嬢は写真詐欺で、サービスもイマイチだった)

 

・・・その後数カ月くらい、オナ禁継続期間が最長で2~3日間という期間がしばらく続いた

いわゆるオナ猿状態へと逆戻り

 

これを何度も繰り返した。

オナ禁の数カ月継続

→2~3日単位でリセット(オナ猿化)

→オナ禁の数カ月継続

→2~3日単位でリセット(オナ猿化)・・・

 

その頃の私は欲望の発生する仕組みをまったく勉強していなかったから、たった数カ月ぽっちのオナ禁が続くごとに余裕をかましていた。

「気を緩めると昔の悪い習慣にいとも簡単に戻ってしまう」という、基本中の基本のことすらも知らず。

元に戻ってしまうと、チェイサー・エフェクト(さらなる快楽を求める気持ち)に襲われ、エロ動画を見てシコリたくてたまらなくなる。

完全にオナ猿状態である。

 

私はこの繰り返しをしていて、ふと気が付いた。

「同じことの繰り返しをしているだけで、実は何の成長もしていない」と。

 

これを読んで、「4カ月超も続けられたのならいいではないか」という意見があるかもしれない。

だが、いくら長くオナ禁したところで、その継続日数には何の価値もない。

もしオナ禁が数カ月続いたら、転職に有利になるのか?

転職面接で「私の特技はオナ禁です!いままで最高で140日も続いたことがあります!」と胸を張って堂々と言えば、内定がもらえたり提示される給料が増えたりするのか?

 

当時の私はオナ禁しかしておらず、社会的に価値のある「目に見える結果」というものを何も残していなかったことに気付いた。

数カ月のオナ禁継続を挫折した後、オナ猿化。

再度オナ禁にチャレンジするも、しばらくしたらまたリセット。

同じことの繰り返し。

こんなものには何の価値もない。

 

オナ猿脱却(復帰)のコツは過去の失敗から学ぶこと

その後、私は英語を学習しTOEICを受けるなど「目に見える結果」を残すことに努めるとともに、欲望そのものの仕組みをも学ぶことにした。

その一部をかいつまんで言うならば、性欲というものは「悪魔」である。

 

この悪魔は、長期間のオナ禁によって一時的に鳴りを潜めていたとしても、ほんのちょっとした”心の隙”を見つけるとその隙をピンポイントで突いてくる。

その心の隙とは、「強いストレスと孤独感」である。

たとえば彼女にフラれたり仕事で失敗したりなど、何か嫌なことが起きて心に強いストレスや孤独感を感じた時、その悪魔は脳の奥底から突如としてやってきて、耳元でこのように囁いてくる。

 

悪魔「シコって気持ちよくなってイヤなことをぜーんぶ忘れちゃえよ。楽になるぞ~」

 

そして愚かな当時の私はこう思った。

 

当時の私「たしかにストレスかなり溜まっているし、発散しないとこのままじゃうつ病になるかも・・」

後はお決まりのリセットパターン。

 

「このままでは変わらない。」

こう感じた私は、ある時、オナ禁のやり方を抜本的に変えた。

  • ここから1年間、一切出さない。
  • エロ禁の徹底。
  • セクリセ禁止。
  • 風俗も禁止。
  • 悪魔のささやきには一切耳を貸さない。

この方法は、幾度となく繰り返した過去の失敗から学んだ。

(この間、接待で風俗に行くことになったが、お嬢さんに事情を説明して添い寝するだけにした)

 

そしてこう決意した。

「もし今後どんなに強いストレスに襲われたとしても、絶対にオナニーにだけには逃げない」と。

(決意した時期は2013年11月下旬、決意した場所は個室エロDVD店の中だった)

 

おまけ:そしてブログ開設へ

それからオナニーフリー状態を2年間くらい続けた頃、このブログを立ち上げた。

ブログを開設したことは、禁欲の継続にとって大正解だった。

ブログを書いているおかげでオナニーフリー状態が継続できていると断言する。

なぜならば、もし強いストレスに襲われた時であっても、あの頃の決意、

「もし今後強いストレスに襲われたとしても、絶対にオナニーにだけには逃げない」

ブログによって、このことを簡単に思い出すことができるからである。




長期オナ禁からオナ猿へ転落すると復帰は困難(だが不可能ではない)」への4件のフィードバック

  1. こんにちは!
    なんというか、今の自分に必要な記事がいいタイミングで更新されるので
    不思議です。笑
    自分はかなりの期間オナ禁が続いていて来週辺りで1年です。
    ただ、何回かコメントさせていただいた通り、エロ禁がなかなかできません。
    続いても2ヶ月くらいです。
    そんな中で先週、お恥ずかしい話ですが寸止めをしてしまいました。
    (自分のルールでは射精しなければokなので)
    1回極限までシコったらもうこりるだろうという言い訳をして。
    いや、やっぱダメですね。良いことはなんもありませんでした。
    しかし、とりあえず今日までエロ禁は続いています。
    この調子でエロともおさらばしたいです。
    いいえ、おさらばします。良いタイミングとも言えるかもしれませんし。
    次の1年は、
    ・射精×
    ・エロ鑑賞×
    ・+αに力を入れる
    を心にしっかりおいて生活しようと思います。
    あ、あとはもてたいからという心も捨てようと思います。
    もてたいと思うと綺麗な異性と話す時に意識してしまうので
    道行く人や異性の友人に「かっこいい」と思われるような男を目指します。

    さおけんさんにはとても関係のない話をだらだらと並べてしまってすみません。
    ただ、自分にとってさおけんさんは師です。
    さおけんさんのブログから基礎を学びました。
    良い映画か。良い影響を及ぼすことや、「エロは汚い」と脳に植え込むことや
    あとは、したらば掲示板「オナ禁者の集い」も教えていただき、そこでかなり
    有意義な情報交換ができています。
    ほんとに感謝してます。ありがとうございます。
    ということで、勝手に宣言させてもらいました。
    これをしっかりスクリーンショットを撮って
    エロへの執着を忘れるまで忘れないように毎日見ます。

    では、良い1日をお過ごしください。

    1. >はやしさん
      記事ははやしさんの引き寄せかもしれませんね。
      中学生で1年間禁欲というのはものすごい偉業だと思います。
      中学の頃の性欲の強さを考えると、中学生の時の私がオナ禁を知っていたとしても、ここまでの期間はできなかったと思います。
      本当に素晴らしいです。

      寸止めですが、最後までやらない(出さない)意思力を持つのはなかなかできないことです。
      「エロ禁の解除=オナ禁のリセット」とならないのは、はやしさんがオナ禁初心者の域をはるかに超えている証拠です。
      ここまでくれば、エロ禁もやればオナ禁効果は倍増すると思います。
      アダルトサイトブロッカーを入れてみるのもかなり効果的だと感じます。
      当時の私がエロ禁するには、ブロッカーは必須でした。
      (とかいう今の私はエロ禁が全くできていないので、反省が必要ですね・・)

      オナ禁のモテ効果については、記事でも何度か述べていますが、私にはあまり実感できませんでした。
      結局のところ、自己改善して今までの怠惰な自分からレベルアップした自分になれれば、それで十分ではないかという結論になりました。
      私の場合、英語があまり苦もなくできるようになったのは大きな成長だったと思います。仕事上でも尊敬されることが増えました。
      はやしさんの場合、他の学生と大きく差別化ができれば、自然とモテるようになると思います。
      たとえば歌やギターが異常に上手いとか、勉強が東大合格も視野に入るくらいできるとかなどです。
      ただ、そのころにはモテ効果には全く興味がなくなっているかもしれませんね。

      したらば掲示板は半年~1年前くらいだったか、オナ禁のフェロモン効果を電車などで実戦したような面白い書き込みがあって、たまに覗いていました。
      居場所が見つかるのは良い事だと思います。
      これからもちょくちょくこのブログを見ていただけると嬉しいです。

  2. 私は1ヵ月くらい続いたことがありますが、最近は2~3日くらいしか続きません。エロ禁と自己改善を徹底しようと思います。

    1. >日の丸さん
      別の記事にも書きましたが、リセット後3日~7日くらいが欲望のピークを迎えます。
      そこを乗り越えれば、だいぶラクになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です