オナ禁で身に付く「自信」とモテ効果の関係

異性にモテたいと思ったら、自分に自信を持つことは重要である。

  • 「自分なんてクソだし」
  • 「こんなオレが女にモテるわけがない」

このような自信のない考えを持っている時点で、モテる要素が減ってしまう。

「これは性能の低くて使い勝手の悪い家電だけど、買ってください」と店員さんから言われて、買ってくれるような消費者はいない。




■テキスト

モテるかどうかは、総合力。

その要素には、ルックス・収入・トーク力・ファッションなどいろいろあるが、

中でも女性にとって重要なのは甲斐性と安心感だと思う。

もし自分に自信がなかったとすれば、甲斐性も安心感も得られない。

 

私がオナ猿時代であっても彼女がいたのは、当時の私には「勘違いのある自信」があったからだと思っている。

実際にはオナ猿だったにも係らず、なぜだかそんな自分を好きになってくれる女の子には、やたらと強気に出ていた。

ストレートに言えば、「オレほどいい男はいない」という態度だった。

今思うと勘違いもいいところで、とても恥ずかしくてイタイ話だと思うが、女は一度好きになった男にには盲目で、中身は無くても「自信のある男」だと思われたのだろう。

 

 

オナ禁関係なしにしても、たとえ背が低くてブサイクであったとしても、自信があるだけで異性からの見る目は変わる。

「なんでこの人はこんなに自分に自信があるんだろう?他に何かすごいものを持っているんだろうか?

と思われて、興味を持たれることがある。

周りを見渡してみても、いわゆる”美女と野獣”はたくさんいる。

これはWMPでいう「絶対的な自信を身に付ける」ということだろう。

 

 

 

自分に本当の自信をつけるための努力

”オナ禁するとモテる”とよく言われるのは、

「男なら簡単に負けてしまう性欲にオレは簡単には負けない」

といった、自分に対してのメンタル面の強化が態度や言動として表れるからだろう。

 

だが私の考えでは、オナ禁だけをしても本当の自信は付かず、自動的に異性にモテるようにはならない。

オナ禁以外の「プラスアルファ」によって、他者と差別化を図り、自分に絶対的な自信をつける。

これがモテるようになるために必要なことだろうと思う。

 

 

自信がないのは、自分に何か足りないものがあると考えている証拠である。

たとえば、外見のコンプレックスや、収入の低さだったり。

自分に自信をつけるためには、まず自分に足りないと思っていることをなんとかして埋める努力が必要となる。

 

たとえば、

  • 髪が薄ければ増やす努力、もしくは薄い髪に似合う髪型の研究やいっそスキンヘッドにしてそれを強みにする
  • 収入が少なければ、収入を増やす努力(収入が得られる資格取得の学習や、ブログなどネットも副業になり得る)
  • ガリガリで貧弱なら、筋トレして筋肉をつける
  • 腹が出て太っていれば、有酸素運動に食事制限などのダイエット
  • 肌荒れやニキビが多ければ、スキンケア(オナ禁はニキビ改善に絶大な効果あり)
  • トーク力が足りないなら、飲み会など積極的に話す場に顔を出して場数を踏む
  • ファッションがダサければ、外見に投資する

 

これらは、オナ禁だけでは身に付かないず、オナ禁とはそれぞれ別の違った努力が必要となる(唯一、ニキビはオナ禁効果で治るかもしれないが)

オナ禁で鍛えられたメンタル面の強化で、それぞれの努力もたやすくなるだろう。

 

女性はとても勘が鋭い。

「この人は、他の人とは何か違う」

こう思わせることができれば、モテることにも一歩近づく。

 
No.1恋愛マニュアルのレビューはこちら。
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です