夢精の憂き目と引き換えにチベット体操の重要性に気付く

ある日の夜、私はハードな仕事に疲れてチベット体操を怠けた。

「今日は疲れたし、チベット体操をしなくてもいっか。」

入浴後、夜寝る前の日課となっているチベット体操をせず、柔軟体操だけをして寝ることにした。

そして就寝。。

・・その深夜2時ごろ、盛大に夢精した。

 




夢精に至るまでのエピソード

その夢は、夢の中にいるのに、まるで現実にいるかのような感覚があった。

これが明晰夢だろうか。

私は夢の中で、スタイル抜群の豊満な女性と面向かっていた。

なぜか女性のほうから誘われ、そのまま床に転がり落ちるように絡み合っていた。

(省略)

その中であまりに性的に刺激され過ぎてしまい、もう引き返せないところまで来てしまっていた。

普段はなるべく射精を回避しているのだが、その時は、

「もう出してしまってもいいくらい気持ちいい」と感じていた。

そして”中に”思いっきり放出。

 

・・・盛大に出した瞬間、目が覚めた。

下着の中で猛烈に不快な感触と、布団の中で大嫌いな酸っぱい臭いが充満していた。

夢精をしてしまったのは、実に半年ぶりくらいかもしれない。

出してしまったことについては、達成感が半分の、後悔が半分。

 

夢精当日の効果(?)体験談

ついでに、夢精当日の効果も記そう。

その後シャワーを浴びてすぐに寝て、念のため、翌朝もシャワーを浴びた。

だがそれでも、全身から精子っぽい匂いを発しているような感じがする・・・

 

それが証拠なのかどうかはわからないが、その夢精日の出勤中に、女性からよくチラチラ見られているような気がした。

私は昼に移動し、電車の2人席に座って新聞を読んでいたのだが、隣にフェロモンムンムンお姉さんが座ってきた。

そのフェロモン姉さんは細くて背が高く少し茶色いロングヘアーで毛先を少し巻いていて、最近はあまり見なくなったガウチョパンツを履いていた。

そのお姉さんは私の前を一度通り過ぎたのに、こちらに戻ってきて私の隣に座った。

お姉さんは、何度も自分の髪を触ったり、脚を頻繁に組み替えたり、落ち着きなくスマホをカバンにしまってはまた取り出して眺めてを繰り返していた。

横から見ていると、なんだかモジモジしているように見える。

見ていた面白かったのだが、私は目的に駅についたので普通に降りた。

 
また仕事後にカフェに寄った時、やや年増だがそこそこ綺麗な女性がいたので、敢えてその真隣に陣取ってみた。

その女性は私が座った後、脚を組み直して組んでいるほうの脚のハイヒールを半脱ぎし、そのハイヒールをつま先でクルクルと回しはじめた。

この”ハイヒールつま先クルクル”は、退屈して発情している女性のよくある仕草の一つだとされている(本当かどうかはわからないが)。

夢精で賢者モードだった私は、電車のフェロモン姉さんもカフェのやや年増綺麗な女性の状況のいずれも、エロ的にではなく冷静な目で見ていた。
 
これらはいったいどういう状況なのか?

夢精後に自分の体から発せられるのがはっきりとわかる(精子のような)臭いは、私にとってはものすごく苦痛だ。

この臭いは、周りに抜いたのだ思われるからだ(実際には夢精も抜いたのと変わらないかもしれないが)。

なのだが、女性からするとそうでもないのかもしれない。

受精可能な状態にある女性(排卵から数日後)は、本能的にこの匂いに感づき、発情したり視線を送ったりするのかもしれない。

男が本能的にチラリズムを見てしまうのと同じように。

それとも私の単なる考え過ぎで、「この人精子の臭いがする・・なんだか気まずいんだけど」と思われていただけかもしれない。

 

夢精で気づくチベット体操の重要性

前置きがやや長くなったが、いくら夢精に良い女性効果があったとしても、夢精はしたくないものだ。

一つ分かったことは、「夢精の抑制にチベット体操はとても有効」だということである。

私はチベット体操をするのが寝る前の日課となっているが、チベット体操を継続している時、夢精は一度もなかった。

だが、たった1日だけチベット体操を怠っただけで、この有様。

これは、性エネルギーが下半身に溜まり過ぎていたのかもしれない。

さらには、夢の中で女性に誘われて襲われた時、その欲望(快楽)に抵抗できなかったという意思力の弱さもあった。

もし本当に射精(夢精)したくないと考えていたならば、誘いを断るということもできたはず。
 

チベット体操は、夢精の抑制に絶大な効果がある。

なぜならばチベット体操を1日怠っただけで夢精してしまったからだ(単純だが)。

チベット体操は「性エネルギーの循環」、そして「性的刺激を断るという意思力の強化」にも役に立っているということを身をもって知った。

そういう意味では、夢精してよかったのかもしれない。

いや、単に意思力が弱かっただけか。

 




夢精の憂き目と引き換えにチベット体操の重要性に気付く」への2件のフィードバック

  1. 私もチベット体操をやってます。ムラムラしたときにやると、簡単に解消する気がします。やらないと気持ち悪いというレベルまで頑張ります。

    1. >日の丸さん
      チベット体操は伝統的なものなので、やはり神秘の力がありますね。
      ムラムラも他の欲望も、かなり抑制されている気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です