エロ禁を解除してもリセットを回避する考え方

今回の記事は、主にリセットを繰り返してしまうオナ禁初心者向けである。

「エロ禁をすれば、オナ禁効果が何倍にもなる」

これは事実。

そして、「オナ禁初心者にとって、エロ禁を解除した時点でオナ禁はほぼ100%失敗する

これもまた事実。

(出典:「スラムダンク」三井のセリフ)



なぜオナ禁初心者がエロ禁を解除するとオナ禁に失敗するのか?

オナ禁を続けたいのならば、エロ禁の継続は絶対条件である。

私は、オナ禁初心者(オナ禁を長く続けられない人)の場合、「エロ禁の継続=オナ禁の継続」だと断言する。

これを逆にいえば、「エロ禁の解除=オナ禁の失敗」となる。

 

エロ禁を解除してしまうとオナ禁に失敗する理由は、こうだ。

エロ禁を解除しエロ動画を見てしまうことによって、そのエロ光景が脳裏に焼き付いてしまう。

「これじゃだめだ!リセットしてしまう!」

我に返り、冷水シャワーを浴びたりランニングしたりでその時仮になんとかリセットせずに乗り越えたとしても、脳裏に焼き付いてしまったエロ光景は簡単には消えない。

普段このような性的に過激な光景を見ることのない脳にとって、エロ動画の刺激はあまりに強すぎるのである。

エロ動画の光景は、ダイレクトに脳の快楽部分を刺激し、記憶に焼き付いてしまう。

 

そしてエロ禁を解除した翌日以降、エロ禁を解除した時のエロ動画の光景がフラッシュバックとなって脳裏に明確に甦ってくるだろう。

「あの子めちゃくちゃ可愛かったなー」とか、

「あんな巨乳美女がこんなことやあんなことを・・」など、、

実際にエロ動画を見ていないにもかかわらず、頭の中で妄想がどんどんと膨らんでしまう。

 

そしてやがて、

まあ、ちょっとくらいなら見てもいっか。リセットしなければいいだけなんだし。。

という軽い気持ちでエロ動画を再び見てしまい、そのままムラムラが抑えきれず我慢できずにリセットへ。

 

これは、”超”が付くくらいの典型的なリセットパターンである。

 

エロ禁を解除してもリセットしない考え方

そうはいっても、「エロい物は見たくなる」というのが男の本能。

エロ動画を完全に絶つことは最初はかなり難しいだろう。

 

ちなみに今の私は、エロ禁の解除をたまにしている。

だいたい1~2週間に1回くらい。

エロ禁を解除する目的は、ムラムラしたからではなく、禁欲生活によって性欲が下がりすぎるのを防ぐためだったり、”とある気付き”を得るためでもある。(”とある気付き”とは最後のほうで述べよう)

 

それに、たとえエロ禁を解除しても自慰まではいかないという絶対的な自信がある。

私はエロ動画を眺めていると、このような考えが思い浮かんでくる。

  • 「所詮は光と音の世界」
  • 「赤の他人同士がお金のために性病リスクを冒して演技しているだけのフェイクセックス」
  • 「こんなエロシチュエーションが起きることは現実では絶対にあり得ない。」
  • 「この子(=女優)はそんなにお金に困っているのだろうか?」
  • 「この子の親がなんだか可哀想・・」

 

などといった、昔のエロ動画にムラムラしていた自分とは違い、現実的でどこか冷めた目でエロ動画を見るようになっている。

 

ここからさらに、この考え方も加わってくる。

  • 「昔の自分はこんなもんにムラムラしてシコってたので、現実の女の子からめちゃくちゃ気持ち悪がられ嫌われていた。」
  • 「上まぶたが垂れ下がり、口が半開きになり、姿勢も悪くなり、女の子を自分の性欲解消のための道具でしか見ていなかった。」
  • 「そんな情けない昔の自分には絶対に戻りたくない。」

 

結局、私の場合はエロ禁を解除しても、5分も見ないうちにブラウザを閉じてしまう。

そして、エロ禁を解除するたび、エロ動画は自分に何の成長ももたらさない時間を無駄にするものだという結論になる。

これが先ほど述べた、エロ動画を見ることによる”とある気付き”だ。

「エロ動画を見るのはやっぱり時間の無駄だ」という認識の再確認である。

私はエロ禁を解除するたび、エロ動画はaddictive(依存的)なものではなく、waste of time(時間の無駄)なものだと改めて気付かされる。

 

エロ禁を解除してもリセットを回避する考え方 まとめ

”男として生まれたのなら、現実にいる可愛い女の子(美女)から男として認められてベッドインしたい!”

これが健全な男の姿であり夢だ。

だがいくらエロ動画にムラムラしても、その夢が叶うことはない。

ただひたすらにボールを追いかけたり、がむしゃらになって勉強をしたり、何かに夢中になっているほうがよっぽど男としてカッコイイ。

そして、女はそういう夢中になっている男をよく見ていると思う。

 

コツコツとエロ禁を続けてさえいれば、オナ禁の継続もたやすいものだと思う。

何事も積み重ねが大切だ。




エロ禁を解除してもリセットを回避する考え方」への4件のフィードバック

  1. 僕も最近エロ見てても馬鹿らしさが勝ちます。
    よく考えたら、画面を見ながら右手を動かして性欲を解消させることって、本来生き物として変ですよね。
    誰かが物を食べてるのを見てもお腹は張らないし、誰かが寝ているのを見ても睡眠は取れないのに、なぜか性欲は解消できる。
    いや、実は全く解消できていないのかも?
    ・おいしそうだな、俺も食べたい。それを食べるイメージでヨダレが出る。
    ・気持ちよさそうに寝てるな、俺も寝たい。眠りにつくイメージであくびが出る。
    ・気持ちよさそうに射精してるな、俺も射精したい。射精するイメージで精液が出る。
    どれも実際は、何もしていない。

    1. >人間になりたいさん
      エロ動画を見てバカらしさが勝ってくると、オナニーフリーへの道もかなり近いです。

      自慰行為は性欲を解消できているようにみますが、実は解消できていないと思いますね。
      もし一時的に解消されたとしても、将来にまた大きくなって跳ね返ってくると思っています。
      この無限ループにハマっていると、なかなかこのこと(リバウンド)に気付かないものです。

      私はこの考え方を根本的に変えるのが、オナニーフリーだと思っています。

  2. 自分の場合、エロ動画(av)は気持ち悪く感じます。色んな意味で可哀想になってくるので。ただ、ヌードや水着だとムラムラしてリセットしてしまうことが多いです。水着となると、普通に画像検索するだけで出てきてしまうことがあるので非常に厄介です。ですので、こちらの記事の考え方にもあるようにエロには負のイメージを持った方がいいですね。

    1. >日の丸さん
      私はあまりグラビアアイドルのイメージビデオのようなものを見ないのですが、そんなに良いものでしょうか?
      確かにグラビアアイドルは均整がとれていて美しいとは思いますが、「どうせ私をオカズにして抜くんでしょう?」みたいな一種性悪なものがそのアイドルの目から感じ取れてしまいます。
      だったら、エロ動画のほうが見る目的がはっきりしていてまだ潔いと思っています。
      可愛そうに見えるのは確かですが、向こうは商売がほとんどですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です