オナ禁継続のコツ:壁を階段に変える

オナ禁をするということは、誰しも何かしらの目標があるはず。

女の子にモテたい、学業で成功したい、社内で出世したい、資格を取りたい、独立起業したい、単にニキビを無くしたい、うっとおしい性欲から解放されたいなど

その目標を達成するには、いくつかの「障壁」が立ちはだかる。

高すぎる目標は、障壁が文字通り「壁(かべ)」に見えてくる。




壁を階段に変える

壁を小さなモノに分解し、一段毎の階段に変える。

一段毎の階段は、ワンステップで上れるくらいの。

 

たとえば、初めてのオナ禁で半年間を続けるのはまず不可能だろう。

決意時に「やってやるぞ」と思えば思うほど、挫折する確率が高くなる。

これは、半年=壁だ。

そこでまずはオナ禁1週間の継続を目標に設定する。

1週間=階段のワンステップ

これならば達成できる可能性が出てくる。

もし1週間も無理そうなら、これをさらに分解して4日にするとよい。

(ちなみに3日間という目標設定はオススメしない。”3日坊主”というコトバがあるからだ)

壁の向こうや階段の上った先に、目標の達成がある。

 

実は、壁を乗り越えるのも、長い階段を上りきるのも、同じこと。

壁を乗り越えた方が近道で、長い階段を上った方が遠回りのように見えるが、結果として階段のほうが早い場合が多い。

急がば回れ。

壁を乗り越えることに挑戦したはいいが、壁に激突玉砕し、目標の達成を諦めてしまっては何の意味もない。

いきなり壁を乗り越えるのはできなくても、階段を一段一段と上ることのは誰にだってできるはず。

肝心なことは、とにかく続けることにある。

 

階段を上るときの注意点

 

階段を上り続けていると、階段の勾配が徐々に急になってくる。

今まではワンステップでスイスイと昇っていたのが、いずれジャンプしたり手をかけて力を入れないと昇れなくなるくらいになる。

4日 → 1週間 → 2週間 → 1ヶ月 → 3ヶ月・・・といった感じだ。

 

階段を上る時の注意点は、これを急勾配だと思わないことだ。

ずっと続けていればきつくなってくるのは当たり前。

ジムで筋トレをしていればわかるが、マシンの重りの負荷を5キロ上げただけでも、持ち上げられる回数は減る。

逆にきつく感じなかったとすれば、成長していない証拠でもある。

 

だがそれでもめげずに一段一段と上っていくと、急勾配を急だと感じなくなる。

階段を上っては、少し休み、また上るを繰り返す。

 

そしていつの間にか、壁だと思っていた半年ができるようになっている。

ちなみに私の完全な主観だが、初めてのオナ禁から半年間連続オナ禁ができるまでは、だいたい3年くらいかかるだろうか。

(もしもっと早く達成できた人がいれば、すごいと思う)

 

まずは、がんばって手を伸ばせば届く距離にある目標の達成から始めよう。

大切なことは、「スモールステップの積み重ね」だ。

 




オナ禁継続のコツ:壁を階段に変える」への2件のフィードバック

  1. 「壁を階段にする」、いい表現ですね。
    一見「壁」に見えても、よく考えることで「階段」にできることがありますね。
    いつもブログ参考にさせていただいてます。

    1. >イニシャルkさん
      ブログを参考にしていただき、ありがとうございます。
      壁を階段に変えることでその物事を長く続けることができれば、結果として「急がば回れ」となりますね。
      階段にできれば、後は上るだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です