夜の店に行くことは「お金で自己肯定感を得ること」

これは完全な私見であるが、禁欲していても「夜の店」(ガールズバーやキャバクラ、セクキャバ、風〇など)に行くことはまったく問題ないと思っている。

オナ禁業界の一部では、そういった店を”悪しきもの”という扱いがあるようだ。

実際、前に風〇に関する記事を書いた時、

「そんなんで禁欲者といえるのか?」

といったコメントをいただいたことがある。

たしかに、風〇リセットの是非については、禁欲者の中でもきっと意見が分かれるところだろう。





 

夜の店は疑似恋愛の場所

この件について、私は程度の問題だと考えている。

夜の店にどっぷりとハマってしまい、日中もそのことしか頭の中になくなってしまい店に連日通い詰めてしまう・・というのは、完全に依存症であり猿となんら変わらない。

こうなることは全面否定したい。

 

だが夜の店は完全な悪というわけではなく、そこから得られるものもたくさんあると考えている。

夜の店には、普通にいる一般的な女の子よりも容姿レベルの高めな女の子がたくさんおり、その女の子たちは男心をものすごくよく理解している。

「こう褒めたら嬉しいだろう」

とか、

「こうすれば男は女を追いかけるようになる」

とか、

夜の店の女の子たちは、あの手この手を使って男にアプローチしてくる。

「夜の店」というのは、まるで自分がモテモテになったかのような気にさせてくれる場所だ。

いうならば、”疑似恋愛”といったところだろうか。

疑似ではあるが、お金を払うことで恋愛を体験することができる。

 

もし一般の女性に免疫を持っていないとすれば、夜の店に行くことで女慣れすることができるだろう。

仕事で疲れた時に行くと、こういった”疑似恋愛”はこれ以上ないほどの気分転換になる。

 

夜の店から得られるもの

私は夜の店では美人にしか興味がないのだけど(大抵の男はそうだと思うが)、美女達と面と向かいまっすぐ目を見て話しているだけで、夜の世界以外の、世の中のキレイな女性に対する耐性と免疫も付けることができた。

また、自分のどこを変えれば今よりもっと良くなるか、結果としてモテるかという点については、あれこれ調べるよりも女性から聞くのが一番早い。

(ちなみにあらゆる夜の店女性に共通している意見は、「清潔感のない男は恋愛対象として見られない」という点だった)

 

もしやる気が出なくて自己否定感に悩まされているような時は、お金を使って夜の店に行き、自己肯定感を手に入れればいい。

どうやって自己肯定感を手に入れるか?

それは、「何でもいいからオレの良いところを思いっきり褒めてほしい」と女の子に言えばいいだけ。

向こうも商売なので、あれやこれや考えて褒め続けてくれることだろう。

コーチングの勉強にもなる。

もしそれを嫌がるような女の子がいたとすれば、次回以降は指名する価値なし。

キャバなら黒服に行ってチェンジ依頼、風〇なら受付やウェブ経由でクレームを言えば良い。

 

私の結論としては、夜の店も使いよう。

お金を出せば簡単に高スペックな女の子と話ができるわけだから、これを利用しない手はないと思う。

また、夜の店で働く女の子も、ごく普通の女の子。

女心を理解するのに絶好の場所だ。

禁欲のためだけに完全に悪しきもの扱いするには、少々もったいない。

だが絶対に忘れてはならないことは、夜の店の女の子はお金のためだけに働いているということである。

本気になりハマったら負け。

繰り返しになるが、あくまで”疑似”恋愛だ。

 



 

夜の店に行くことは「お金で自己肯定感を得ること」」への2件のフィードバック

  1. さおけんさん、「性病」のリスクをお忘れなく。
    お気をつけて、お楽しみ下さいませ。

    1. >Elijahさん
      そうですね、そういったリスクもあることを忘れていました。
      何事も、リスクを減らしつつ最大限のリターンを得るのが醍醐味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です