英語の学習とモテの関係 ~英語嫌いから英語好きになるコツ~

Jump to the conclusion(=結論から言うと)、英語ができるとモテると私は思う。

私は大学生の時まで「日本にいても英語なんてほとんど使わないし、英語なんて勉強しても意味ない」・・と、こう本気で思っていた。

ただしあくまでこれは建前で、本音を言うと私は英語アレルギーで外人が大の苦手だった。

あの青かった頃の私から10年以上の時が経ち、この考えは完全に間違いだったと実感する。

今では過去の自分の過ちを正すべく、日々英語の勉強をしている。




 

なぜ英語を勉強するのか

「英語は必要だよ~」

こんなこと言うと、次のような反論があることだろう。

  • 日本にいるのだから日本語だけで何の問題なく生活できてる
  • 日常生活で英語を使う場面なんてないから勉強するだけ無駄
  • 英語好きな奴なんて単なる欧米カブれでウザい
  • 私英語できますアピールカッコ悪い
  • 英語勉強するのめんどくさい
  • パスポート持ってない
  • 洋物(ヨウモノ)に染まるなんて大和魂を忘れたのか

 

何を隠そう、すべて過去の私だ。

 

私は冒頭でも述べた通り、英語なんて必要ないと幼少期から大人になるまですっと思ってたのだが、「ある事」がきっかけで、いまでは英語がないと生きていけない環境に飛び込むことになった。

英語の環境に飛び込むことで、外人アレルギーは自然となくなっていったように思う。

今では、英語の勉強が完全に生活の一部となっている。

 

ちなみに日本人で過去の私のような外人嫌いは一定数いると思うが、こうなってしまう原因は、島国で単一民族という環境と、過去の歴史における敗戦が影響しているのだろうと思う。

(この話を突き詰めるとややこしい話になるので、これくらいで)

 

英語嫌いから英語好きになるコツ

このように日本では英語が嫌いな人は多いと思うが、なぜ私は英語嫌いから英語好きに変わったのか。

ひとことで言えば、「”言いたいことが相手に伝わることの喜び”を知ったから」だと思う。

さらに言えば、「英語ができれば単純にカッコいい」と感じたからだと思う。

 

私は、外人アレルギーなんてものは存在せず、アレルギーだと思っているものは単なる英語ができない自分に対するコンプレックス(劣等感)に過ぎないと思っている。

もし自動翻訳機ができて日本語で話したことが外国人相手に瞬時に伝わる時代が来れば、話す相手が日本人だから外国人だからという風に分ける必要はなくなる。

そうすれば、話してみたい・仲良くなりたいと思う人を国籍で分ける必要もなくなる。

「伝わらなかったらどうしよう?わたし英語できないし・・」

この劣等感こそが、外人アレルギーの根本的な原因なのだろう。

 

この外人アレルギーを治すためには、英語を勉強して劣等感をなくせばいい。ただそれだけ。

だけど、それは easier said than done(=言うは易し、行うは難し)なこと。

 
次回の記事では、もっと具体的な英語好きになるコツについて述べたいと思う。