英語学習とモテの関係 その2

前回の記事では、なぜ私が英語を勉強するに至ったかについて述べた。

また、前回の記事の冒頭でも述べた通り、英語ができればモテると思う。

ただ、「英語ができる」なんてことは自分からは死んでも絶対に言えない。

もしそんなこと言ったら、イヤミったらしくなるだけ。

これは「オレは東大出身」「私は美人」と、誰からも聞かれてもいないのに自分から言うようなもんだ。

だから私は初対面の人に対して、自分の英語に関しては隠している。




 

英語ができるとモテる理由

私は別にモテることを第一の目的にして英語の勉強を始めたわけではない。

だけど、英語に関連する仕事をしていると言うと、老若男女問わず、よく言われることがある。

  • 「英語できるんですね」
  • 「どうやって英語勉強したんですか?」
  • 「私も英語やりたいと思ってるんです」

いわゆる鉄板な返答。

言われてイヤな気にはならないので、いつも適当に答えることにしている。

 

私はこう考えてみたい。

私は純日本人で英語がある程度できると、その人の魅力が一つ増すと思っている。

それだけ、英語の学習は日本人にとって相当難しいということだろうと思う。

英語が母国語ではない欧州人で英語が話せたとしても、日本ほどアドバンテージになることはないはず。

これは、「夢をかなえるゾウ3」に出てくる柿本さん(女主人公の同僚で、社内で浮いていて取っつきづらくてパッとしないけど、英語が大の得意の人)のような感じだろうか。

パッとしないと言われているのに女主人公と二人で昼食に行ったりできていたその理由の一つは、英語の力だろう。

自分の持っていないものを持っている人については、少し魅力的に見えたりするのだ。

 

英語ができると得をする

さておき、日本では英語が大してできなくても「英語に抵抗はない」というたったこれだけの程度で、優遇される場面が多い。

その場面を有効に活かさないのは、損をしているだけだと思う。

 

ちなみに私は英語がバリバリできるレベルではなく、英語を話しても聞き返されることも多数あり、自分の言いたいことが英語ですぐに出てこないというのもいまだにザラにある。

それでも英語アレルギーから脱却できたのは、自分の拙い英語でも真剣に話せば相手に伝わるということが分かったからだ。

聞き返す外国人は自分が日本人だからとバカにして嫌がらせをしているのではなく、単に本当にこちらの言っていることがわからないだけなのだ。

日本人同士でもモゴモゴしゃべると何て言ったのか聞き返されたりすることがあるが、それと全く同じ理屈。

なのに、英語となるとなぜか、「私が日本人だから嫌がらせされてるのだろうか?」と感じてしまうのはなぜだろう。

さておき、英語に抵抗がないというだけで誰かから興味を持ってもらえるだけでなく、仕事上でもかなり有利に進める場面が多くなった。

英語万々歳だ。
 

流暢さよりも話す内容

勘違いしがちなのが、「英語は完ぺきに話さなければならない」と思いがち。

昔の私もそう思っていたが、「完ぺきな英語」なんてものは存在しない。

英語に関しては、

「しゃべれるかどうか」

というよりも、

「何をしゃべるか」

というほうが遥かに大切だと思う。

 

流暢にしゃべっているけど内容のない話よりも、お互いカタコトでも興味のある話を聞くほうが、良いコミュニケーションが図れる。

日本語ではものすごい饒舌だけど、英語となるとたどたどしい・・・ということは、普通起こらない。

饒舌ということは、「言いたいことや伝えたいことがものすごくたくさんある」ということであって、言語が英語になったからと言ってもその感情は変わらないのだ。

だから饒舌な人が日本語を話すのと同じ感覚で英語を話すと、相手にとっては「何かを言いたいこと伝えたいことがたくさんあるんだな」と思ってもらえて、真剣に聞いてくれる。

私の経験では、関西人のおばちゃん達が良い例だが、海外のホテルのロビー受付でカタコトの英語で単語を並べたて、関西弁とほとんど変わらないスピードで話しているのをたまに見かけることがある。

傍からその英語を聞いているほうは辛いのだが、ロビー受付の人には通じていたようだった。ハートとハートがつながる瞬間。

関西出身のおばちゃん集団、海外の主要都市であれば見かけることが多い。

この底知れぬ好奇心は見習いたいところ。。。

 

一方で、関西のおばちゃんと違って、あまり話し好きではなく机でガリガリ勉強する寡黙なタイプは、たぶん英語には向かない。

私も日本語でそこまで話すほうではなかったのだが、英語の学習を始めてから外人との交流を始めてからというもの、日本語でも話すようになった。

何せ、海外だと黙ってしまうと会話が止まってしまうのだ。

何でもいいから話してくうち、日本語でもどうでもいいことでも話すようになった。

「英語は心」

これは私の初期段階の英語学習においてとても参考にしていた大西泰斗先生のお言葉だが、初期から時間の経った今でもまさにその通りだと思う。

型通りの教科書的な英語を話すよりも、日本語でも楽しいと思うようなことをブロークンな英語で話すほうが面白い。

もしかしたら、私は英語の勉強を通じて日本語のトーク力も少し磨かれたのだろうか。