何でも物は試し ~英語と他の物事の相乗効果~

試してもないのに「やっても無駄」と諦めて、最初からやらない人がいる。

そのうえトライした人を非難する。

周りにそういう人はいると思うが、自分がそうなってはいないだろうか。

今回は英語とその他の物事の相乗効果について話したい。

 




 

英語学習の普及活動

当たり前だが、どんなことでも一度はやってみないと結果がどうなるか分からない。

一度やってみてから、もしダメだったら、ダメだと判断すればいい。

逆にそれをやらないから、いつまで経ってもできるようにはならないだけなのだ。

私は押しつけがましくならない程度に、英語学習の普及を周りの年下の人にしている。

「英語はやっといたほうがいいことあるよ~」と。

だけどそれで実際に英語の勉強をはじめる人は、10人いれば1人いるかいないか。

英語をやらない(やりたくない)理由としては、

  • 「どんなけ勉強しても英語が聞き取れない」
  • 「難しい単語やイディオムを覚えるのがめんどくさい」
  • 「外人が怖い」
  • 「そのうち完全同時自動通訳機が出るから英語の勉強したって無意味」

などなど

 

私は英語の勉強を始める前、極度の外人アレルギーだった。

昔に隣に住んでいた外人が、日本語しゃべれるのに英語でしゃべってくるからだった。

「ここは日本だ!郷に入れば郷に従え!」

こう思って英語を徹底的に拒否していた。

そんな私が英語に目覚めたのは、「危機感」だった。

「英語ができなければこの先、生き残れない」と、こう思った。

そこで英語を学んだのだが、最初は嫌で嫌でしょうがなかった。

だけれども、それでも危機感に駆られて続けていく、英語の学習が習慣となってしまった。

今や、英語を勉強しないことが、逆に危機感を感じるようになった。

 

英語は差別化の武器

英語をやらないのはそれで自由だし、日本にいる限り英語はそんなに必要ないかもしれない。

だけど、英語ができないから英語を避けるというのは、なんとももったいない話。

日本という島国の狭い世界に閉じこもっているだけなのだ。

日本以外の世界を見れば、それだけで視野が広くなる。

いろんな世界を知っていて話題の引き出しが多いほうが、人間としても魅力的になる。

 

別に、英語が流暢に話せる必要はない。

英語ネイティブでないのだから耳を傾けてくれる人は多い。

また、英語を勉強することで、日本語以外の世界に飛び出す勇気ができるというのが大きい。

英語は勇気を与えてくれる、いわば武器。

 

英語の話ばかりをしたけど、私は英語至上主義や欧米至上主義というわけではない。

英語は単に他人との差別化ツールとして素晴らしいというだけ。

 

また、複数の趣味は、それぞれが相乗効果を生む。

私の主な趣味である英語とランニングは、「単調なことをひたすら繰り返す」という意味では、いずれも相性がいい。

さらに、ジム通いもこれに加わる。

どれも自分との戦いで、どれだけ続けても誰かから褒められるわけでもなく、またやめても誰からも責められるわけでもない。

だけど、同じ趣味を続けている人が見れば、やっているということはわかるのだ。

 

まとめ

何事も、やってみないことにはダメかどうかは絶対にわからない。

繰り返しになるが、ダメかどうか判断するのは、やってみてからでも全く遅くない。

 

私は英語に目覚めてから、他の色々なことにも目覚めることができた。

英語を始めるには少し遅すぎたかもしれないが、人生何事も始めるのに遅すぎるということはない。