英語論 ~日本人は海外では外人になれ~

このタイトルを見てもよくわからないかもしれないが、私が昔に苦労した話を一つ。

私は海外出張に行くことが度々ある。

海外ではもちろん英語をしゃべる必要があるのだが、海外経験初期のころは英語を話していても自信のなさから声が自然と小さくなり、

「よく聞こえないから声を大きく話して欲しい」

と話している人からよく言われた。

今思い出しても何とも恥ずかしい話。

 




 

英語はシンプルでいい

「英語はゆっくり話しなさい」という本に書かれていたことだが、その本では「ゆっくりと大きな声で話しなさい」ということが書かれていた。

アメリカ人に囲まれるとネイティブのように話たくなることがあるが、日本で育った純日本人には、ネイティブのように話すことは不可能だ。

・・と言っても、自信がないと声量は自然と小さくなる。

大きな声で話すためには、話す内容の事前準備をしたり、話題の引き出しをなるべく多く持つしかない。

私が英語の勉強初期の頃、日本でも英語で会話しなければならない会議などの場面に出くわしたが、会議では話すセリフを事前に大量に準備していた。

海外では外人みたいに振る舞う

日本人は海外でも日本人らしく謙虚に振舞ってしまうから、声がでかくて迫力のある外人の前では尻込みをしてしまう。

海外では日本人はもちろん外人なので、”旅の恥はかき捨て”・・ではないが、日本にいる外国人のように、身振り手振りを踏まえてキャラチェンジしても私はまったく問題ないと思っている。

つまりは、海外に行った時だけ、日本にいる時とはキャラを変え、思い切って外人みたいになってもいいのではないか。

最初は恥ずかしいかもしれないが、普段使わないような表情筋と身振り手振りをフルに使ってると、気持ちも高ぶってきて声も自然と大きくなる。

要は、下手な英語でもなんでも、コミュニケーションができればそれでいいと思う。

これはもちろん、言うは易く行うは難し。

鍛錬あるのみ。