オナ禁奮闘時代によく見ていた日本のオナ禁ブログなど

私のオナ禁奮闘時代は基本的に海外サイトで禁欲に関する情報を収集していたのだが、もちろん日本のオナ禁サイトもよく見ていた。

ここでは、その時に見ていた日本のサイトを紹介しよう。

今となっては完全に更新が止まってしまったものばかりだが、今読み返してみても色褪せない内容ばかりだと感じる。

私が今のオナニーフリーの状態になれたのは、これらオナ禁先人の方々が情報を発信してくれていたおかげでもある。

オナ禁先人の方々に敬意を表し、ここに記しておきたい。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁を継続するためのバイブル「続ける習慣」「やめる習慣」

ダイエット本、禁煙本、禁酒本など・・・

物事を継続するための本は、本屋に行けば履いて捨てるほどある。

出版社は手を変え品を変え、タイトルは違えど内容は同じような本を毎年のように出版している。

そういった「努力の継続本」が履いて捨てるほどあるということは、それだけ”需要”がある、つまり物事の継続が難しいということだろう。 (さらに…)

続きを読む

オススメのオナ禁関連ブログなど

被リンク当ブログ(旧名:BLOG NOFAP)を紹介していただいている、オナ禁関連サイト・ブログのリンク集です。

私はオナニーフリーとなってしばらく他の方のオナ禁ブログなどを訪問する習慣はなかったのですが、最近では「初心を思い出す」という意味で、他のオナ禁者の記事を読むことがあります。

昔を振り返りながら読むと、現に新たな気づきがあることがあります。温故知新というやつですね。

では紹介します(並び順はオススメ順ではなく順不同です)。

 

 

(さらに…)

続きを読む

ランニングとオナ禁の相関関係 メリットとデメリット

「ランニングは頭を良くする」

iPS細胞の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授は、このようにおっしゃっていた。

山中教授自らもランニング習慣があるらしい。

私が完全オナ禁を始めた時(オナニーを一切しないと決めた時)が2013年11月下旬、そしてランニングの習慣を始めた時が2014年春である。

その両方とも今の今まで続いていることから、私にとって、ランニングの継続とオナ禁の継続は相関している。

つまり、「ランニングを継続しているからこそ、オナニーフリーの状態が継続できている」と私は確信している。 (さらに…)

続きを読む

射精後のダメージ回復方法(肉体面+精神面)

 

オナ禁リセットはしなくても、夢精やセックスなどで射精することはあるだろう。

射精は生命の源となる性エネルギーを放出する行為なので、仮にどんなに精神的に満たされた性行為をしたとしても、射精後から数日間は少なからず肉体的にダメージが残る。

 

ここでは、私の経験から、射精後に肉体的かつ精神的にダメージが少なくなると感じた方法を紹介しよう。 (さらに…)

続きを読む

過度のオナニーにより発生する悪い症状(4段階)

インターネット上の海外サイトにおいて興味深い記事があるので、オナ禁戦士の参考までに紹介する。

厳密にいえば、症状の発生可能性についてはもう少し細かい分類となっているのだが、ここではわかりやすくするため、なるべく単純化して翻訳した。

 

(さらに…)

続きを読む

リセットの有効活用法 ~欲の定量化~

リセットから学ぶもしも性欲との壮絶な戦いに負けてしまい、リセット(=オナニー)を決意した時・・・

負けるときには、まな板の上の鯉のごとく、堂々と負けよう。

「あ~あ、またやっちまうのか・・」ではなく、「今後に向けてリセットを有効活用してやる!」という考え方にシフトするのだ。

(注:リセットを推奨しているわけではないので、くれぐれも誤解のないよう) (さらに…)

続きを読む