オナ禁の効果:女性をこちらから誘えるようになる

今は昔、私のオナ猿時代。

私は、女の子から誘われるのをただひたすらに待っていた。

逆に、こちらから女の子を誘ったことはほとんどなかった。

家の外では「女には興味ない」みたいなクールなフリをしながら、家の中では画面の女体を見ながらシコシコ..

これは明らかな矛盾。

だからモテるはずもない。 (さらに…)

続きを読む

オナニーフリー状態のデメリット(近況報告)

オナニーフリーのメリットについてはかなりの量の記事を書いているので、ここでは嗜好を変え、デメリットをメインに書きたいと思う。

この記事の執筆時点で、私のオナ禁継続日数はだいたい1200日間くらいだろうか。

この期間において完全に無射精というわけではなく、セクリセ(生身女性を通じた射精)は許容しているので、この日数自体には何の意味もないうえ、正確に数える気すらもない・・・

「自分でしごかなくなってからこのくらいの日数が経った」というに過ぎない。

日数はあくまで目安。

そんな中、感じたデメリットは次のとおりである。(エロ描写あり閲覧注意)
(さらに…)

続きを読む

禁欲効果にリミット(限界)はない ~ゆでガエル理論~

  • 引き寄せの法則
  • スピリチュアル
  • 潜在意識

こういったものは昔はまったく信じなかったが、今は違う。

こうも思考が現実化していると、こういった概念的なものも信じざるを得ない。

残念ながら、何事もいきなり劇的には変わらない。

だが上がったり下がったりしながらも、徐々に確実に上向きになり、いずれ願いが叶う。

(さらに…)

続きを読む

長年の禁欲生活で得られたもの(箇条書き+補足説明)

今回の記事の主体は、箇条書き。

敢えて詳しい説明を加えないこととした。

この箇条書きを読んで、禁欲を長く続けている人にだけわかる内容となっている(かもしれない)。

逆にこれがわかるようになれば、禁欲の継続ができているというメルクマールとなっている(かもしれない)。

意味不明なことを言っているかもしれない、そんな”さおけんワールド”がこちら。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁の効果:新たな挑戦へのハードルが下がる

この効果が得られるには、禁欲後しばらくの時間がかかった気がする。

「たいていのことは、死ぬことはない」

もちろん反社会的組織の事務所に行くなんてことは生命の危険があるかもしれないが、日常的にそういった事に出くわすことはない。

「この先にはいったい何があるんだろう??行ってみたい!」

好奇心旺盛になるというのは、こういった、昔の好奇心旺盛だった子供の頃の気持ちが戻ってくるという感覚だろう。
(さらに…)

続きを読む

オナ禁の効果:ヒーロー体験を無意識に探す意識が芽生える

ここ最近1年間の仕事で、失敗もいくつかあったものの、大きな成功もあった。

大きな成功は、海外出張でおさめることができた。

海外へは一人で行ったが、もちろん、この成功は自分一人だけの力でできたわけではなく、周りの人、特に上司の助力があったからこそである。

この感謝を上司に告げると、「オレは日本にいただけで何もしていない」と謙虚な返事。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁の効果:自分の体から”オーラ”が出る

「オーラを身につけたい」

高みを目指す人の中でよく言われることだが、私の場合、割と簡単に目に見える形で自分の体から”オーラ”を出すことができた。

訪問者「さおけんは何をたわごとを言っているのだ。シコりすぎて頭でもおかしくなったのか?」

・・まあ誰に何と言われようとも、本当に自分の体から”オーラ”を出したのだからしょうがない。 (さらに…)

続きを読む

禁欲で目指すは「脳の恒常的な一部覚醒」

一般的なオナ禁ブログは、”いかにして女にモテるか”といった、いわゆる「モテ効果」に焦点を当てているブログが多いと思う。

一方で当ブログは、どちらかといえば自己改善に意識を向けた内容としている。

もちろん性欲の持つ強烈なパワーは否定できないので、異性からのモテ効果を得ることも全く捨ててはいないのだが、ここではモテ効果を禁欲の第一義的な目的とはしていない。

(出典:ドラゴンボール セル編) (さらに…)

続きを読む