「リセットはクセになる」~リセット”予防”の考え方~

「リセットしてしまった。。でもやっちまったものはしょうがない。また明日から頑張ろう!」

リセットした直後に、このように思い決意を新たにする人は多いはず。

リセットしてもまた立ち上がり頑張ろうとする姿勢は、とても素晴らしい。

また立ち上がっている限り、たぶん、「明日」は頑張れるだろう。

だけど厳しいこと言うようだが、リセットの3日後あたりからまたリセットしたい衝動に駆られてきて、1週間後にまたリセットしてしまっている可能性が高い。

リセット直後の決意は一体どこへやら。 (さらに…)

続きを読む

外見が老けない生活習慣と欲望のブレイキングポイントの把握

こないだ、仕事でたまに会う女の子(社会人3年目・背が低くて普通の外見)と少し仲良くなって雑談になり、私が何歳に見えるか聞いてみたところ、こう言われた。

「25歳くらい?」

なんてええ子なんや・・私はもう30代も後半戦。

仕事で同年代に見られていたのはちょっとシャクだけど、見た目を若く言われるのは素直にうれしい。

(その女の子に私の本当の年齢を言ったら、びっくりされて距離が少し離れてしまったが・・歳をとるのは辛い)

(さらに…)

続きを読む

自分との戦いに負けたことを潔く認めることの大切さ

  • 「ムラムラしたからつい・・」
  • 「最近ご無沙汰だったし・・」
  • 「風邪さえ引かなければ・・」

これらは全部、言い訳。

どんな言い訳をしようとも、自分との戦いに負けたということに変わりはない。

このような何かに負けたときに自分への言い訳をしているうちは、絶対に勝てるようにはならない。 (さらに…)

続きを読む

「欲望のままに生きる」ことから「欲望スルー」への第一歩

男は何の前触れもなく突然ムラムラする。

そんなものすごい性欲(=ムラムラ)に襲われた時、男が取る行動ステージには、大きく分けて次の2つがある。

ステージ1.ムラムラに従って性欲を満たす(欲望のままに生きる)

ステージ2.ムラムラに抗うか無視をする(欲望スルー)

そして、(当たり前のことを言うようだが・・) (さらに…)

続きを読む

禁欲を継続させる秘訣(敢えて一つだけ)

「さおけんさんの禁欲の秘訣は何ですか?」

ブログの訪問者からこのように聞かれることがある。

「秘訣」・・なんてものは無い。

ただひたすらに、禁欲を続けるという以外には。

・・・とか言ったらあまりに冷たすぎるので、ここでは敢えて一つだけ秘訣を挙げようと思う。 (さらに…)

続きを読む

Will Power(意思力)を鍛える方法

私はオナニーフリーとなって早数年。

ここまで来るのにだいぶ長くかかったが、振り返ってみると、あっという間だったという気もする。

オナニーフリーの継続のほか、物事を続けるための方法として、ウィルパワー(意思力)ほど大切なものはないと常日頃から感じている。

そう思えるようになったのは、オナ禁始めたときに意思力そのものの学習をしたことがきっかけだった。 (さらに…)

続きを読む

オナニーフリーになるコツ:オナ禁ブログを毎日見ることをやめる

ブログ訪問者「このブログはオナ禁ブログじゃないのか?さおけんは自己啓発をこじらせ過ぎてとうとう頭おかしくなってしまったのか?」

 

・・・私は決して頭がおかしくなっていないし、仕事も順調そのもの。

これは真顔で言っている。

私は断言する。

オナ禁ブログの閲覧を日課にしていると、オナニーフリーになれることはない」と。

(さらに…)

続きを読む

「オナ禁がストレスになっているので、もうオナ禁やめます」

久しぶりに他のオナ禁ブログをちらほらと眺めていたら、このように書かれているブログを発見した。

それも一つだけではなく、複数あった。

それらブログの管理人達いわく、”オナ禁しているとシコれないからストレスになっていた”・・ということらしい。

なんだか考えさせられる内容だな~と思ったな。 (さらに…)

続きを読む

欲望を忘れて禁欲を続ける方法

これ、今さらながらベタな話題になるが・・

自慰行為から数年間ずっと遠ざかっている今の私でも、ムラムラに襲われることはある。

自慰しないからといって、決して性欲がなくなったというわけではない。

男から性欲がなくなってしまったとしたら、それはもはや男ではなくなるだろう。 (さらに…)

続きを読む

禁欲継続のコツ:「エロ禁」から「ポルノフリー」への変貌

ポルノフリーとは、ここでは「ポルノを見る習慣がないこと」と定義する(”無料のポルノ”という意味ではない)。

これは「エロ動画の閲覧を含むエロな物事をなんとかガマンして避ける」という”エロ禁”とは、概念が少々異なる。

「オナ禁」と「オナニーフリー」の違いと考え方がかなり近い。 (さらに…)

続きを読む