夢精の憂き目と引き換えにチベット体操の重要性に気付く

ある日の夜、私はハードな仕事に疲れてチベット体操を怠けた。

「今日は疲れたし、チベット体操をしなくてもいっか。」

入浴後、夜寝る前の日課となっているチベット体操をせず、柔軟体操だけをして寝ることにした。

そして就寝。。

・・その深夜2時ごろ、盛大に夢精した。 (さらに…)

続きを読む

夢精の完全消失と性エネルギーの体内循環

長期のオナ禁と夢精との闘いは、起こるべくして起こる。

精が溜まりすぎると、それを体外に排出しようとする動きが起きるからだ。

だが最近ここ数ヶ月の間、私は夢精を一切しなくなっている。

詳細な理由はまだよくわかっていないが、おそらくは、「接しても漏らさず」をした上でその性エネルギーを体内に循環しているからだと思っている。 (さらに…)

続きを読む

(日記)超久しぶりの夢精とそのダメージ・効果など

ここしばらく半年間くらいは夢精が全くなかったのだが、昨夜、ついに起こってしまった。

しかも、淫夢(=エロい夢)をまったく見ないで・・・である。

「淫夢を見ないで夢精する」というのは、なんとももったいないというか悔しいというか・・・

だが、夢精後に不思議な効果も起きた。 (さらに…)

続きを読む

(日記)淫夢に2回も襲われ脳にダメージを受けた日

(注意!この日記には過激なエロ描写が含まれているので、エロ禁しているオナ禁戦士は読まないことを推奨する)

 

その日は仕事が休みの日だった。

私はよく寝ていた。

その時に見た夢の中に、自分の理想のタイプともいえる目を見張るような美女が出てきた。 (さらに…)

続きを読む