~コラム~ 社会人男の性欲の上がり下がりが起きるタイミング

「男は野獣でいつでもどこでもムラムラしている」

こう思われがちだが、なにも性欲は常に上がりっぱなしというわけではない。

性欲は上がったり下がったりを繰り返している。

つまり一定の”波”がある。

(ここでは社会人男にフォーカスを当てたが、学生ならば仕事を「学業」と置き換えても良いだろう。)

(さらに…)

続きを読む

リセット体験談 ~「限界まで性欲を高めて接しても漏らさず」の終了~

(エロ描写あり閲覧注意)

このシリーズ最初の記事で、「プロにお金を払うのはまたしばらく先になるかもしれない」とかいう格好良いセリフで締めておきながら、大きな仕事を終わらせた解放感もあり、風俗に行った。

その額、90分で〇万〇千円(高級店)

そこでの体験談である。 (さらに…)

続きを読む

「性欲を限界まで高めて接しても漏らさず」1か月後の効果3つ

「性欲の限界まで上昇+完全射精禁」から、1ヵ月。

この1ヵ月間というのは、私の長年の禁欲ライフの中でも完全に未知の体験である。

これをやっていると、今までのセクリセ(性行為での射精)OKルールというのは、実はそれほど難易度が高くないことのように思えてきた。

なにせ、今まで”やった”時というのは、”必ず出していた”からだ。

(さらに…)

続きを読む

~コラム~ 男の欲望(性欲)に終わりはない

これは男の欲望に限らず、人間の三大欲求にも同じことが当てはまる。

人間の三大欲求とは、食欲・性欲・睡眠欲の3つの欲望のこと。

これらの欲望は、どんなに満たしたとしても、永遠に満たされるということはない。

食事・セックス・睡眠・・・一時的に満たしたと思っても、また時間が経てば、欲が復活する。

つまり、欲望に終わりはない。 (さらに…)

続きを読む

「性欲を限界まで~接しても漏らさず」1週間~10日後の効果

このシリーズ「性欲を限界まで高めて接しても漏らさず」について、アクセス数が最近書いた他の記事より倍以上も多い。

”美女(商売女性)とベッドインして、男がフィニッシュを敢えてしない

という体験談と効果は、ネットではあまりなく珍しいのだろうと思う。

この方法に価値があるかどうかは別として、アクセスが多いのは素直にうれしい。

なので、日記風にその続編を書こうと思う。 (さらに…)

続きを読む

「性欲を限界まで~接しても漏らさず」翌日以降の効果

あれから数日。。

いろいろと凄まじい効果を感じた。

これほど凄まじい効果があるにも関わらずほとんど語られることがないのは、それほどオルガスムの誘惑が強いということだろう。

(言うまでもないが、誘惑に負けて出してしまったとしたら「接しても漏らさず」にはならない)

また、出す機会があるのにそれを敢えて出さないことを選択する男はほとんどいないということでもあるだろう。

(さらに…)

続きを読む

「性欲を限界まで高めて接しても漏らさず」の体験談とその効果

(注:今回の記事はエロに露骨な表現があるので、エロ禁しているオナ禁戦士は読まないことを強くオススメする)

 

ずいぶん久しぶりにプロの店(風〇)に行った。

だいぶ前からずっと、意図的に、「この日は風〇に行く」と決めていた。事前に手帳にも丸をつけておいた。

もし衝動的に欲望に襲われてお金を下ろし風〇に行く習慣があるとすれば、突き詰めると「脳が欲に支配されている状態」であり、自慰行為となんら変わらないと思っている。

だから、プロとのセクリセは事前の計画に基づいて行おうと思っていた。 (さらに…)

続きを読む