壁にぶつかる度に逃げ出す中途半端な人生 ~逃げ癖と成功体験~

~どんなことでも最低半年間は続けよう~

この「半年」という期間は、一般的に、「人間が習慣を作るための期間」とされてる。

成功体験が人を成長させるということは、端的に言えば、「簡単に物事から逃げ出さない姿勢ができる」ということになる。

「人間なんだから失敗してやめてしまったっていいじゃないか」と思うかもしれない。

だが継続に失敗して何が問題になるかというと、

何かイヤなことがあった時、ラクなほうに逃げよう」という気持ちが出てしまう点にある。 (さらに…)

続きを読む

目標を宣言する事の無意味さ

今回はやや辛口な記事となるだろう。

願望を叶える方法論の本には、たいてい、次のように書いてある。

「願いを断定して毎日当然のことのようにしていれば、それがいずれ現実のものなって願いは叶う」

そこで、物事を始める前に次のような”宣言”が飛び出してくる。

 

 

(さらに…)

続きを読む

オナ禁の効果:女性をこちらから誘えるようになる

今は昔、私のオナ猿時代。

私は、女の子から誘われるのをただひたすらに待っていた。

逆に、こちらから女の子を誘ったことはほとんどなかった。

家の外では「女には興味ない」みたいなクールなフリをしながら、家の中では画面の女体を見ながらシコシコ..

これは明らかな矛盾。

だからモテるはずもない。 (さらに…)

続きを読む

オナニーフリーになるための考え方と方法論

前回の続きを書こうと思う。

記事で何度か述べているが、オナニーフリーの状態になるためには、「自慰行為自体に対する強い嫌悪感」が必要不可欠である。

手やオナホなどを使って棒を上下に動かす・・・

この猿にも似た行動は、女から見たとしたら、激しく嫌悪感を抱かれることだろう。
(さらに…)

続きを読む

オナニーフリー状態のデメリット(近況報告)

オナニーフリーのメリットについてはかなりの量の記事を書いているので、ここでは嗜好を変え、デメリットをメインに書きたいと思う。

この記事の執筆時点で、私のオナ禁継続日数はだいたい1200日間くらいだろうか。

この期間において完全に無射精というわけではなく、セクリセ(生身女性を通じた射精)は許容しているので、この日数自体には何の意味もないうえ、正確に数える気すらもない・・・

「自分でしごかなくなってからこのくらいの日数が経った」というに過ぎない。

日数はあくまで目安。

そんな中、感じたデメリットは次のとおりである。(エロ描写あり閲覧注意)
(さらに…)

続きを読む

オナニーフリーとなる方法と考え方

「オナ禁」と「オナニーフリー」は、”自慰行為をしない”という点では共通するが、その意味合いは両者全く異なるものである。

オナ禁とは、自慰行為を禁ずる行為である。

その一方で、オナニーフリーとは自慰行為から完全に解放されている状態のことである。

タバコで例えるなら、前者は「禁煙」という”行動”であるのに対し、後者は「卒煙」という”状態”である。

(さらに…)

続きを読む

~コラム~ 40歳からの禁欲効果と生き方

私はまだ30代半ばなので、40代の事は経験していない。

だが、いずれ必ず40代がやってくる。

この記事は私のかなり主観が入っているが、一般的な40代について異性と禁欲との付き合い考察をしてみたいと思う。

まずは、結婚しているかしていないかで大きく立場が異なってくる。 (さらに…)

続きを読む

自慰のない生活が当前 ~なぜオナ禁が続かないのか理由の考察~

このブログは、今年末で開設から2年を超える。

アクセス解析によると、このブログには検索エンジン経由の新規訪問者よりも、リピーターのほうが割合が高い。

リピーターのほうが多いということは、「オナ禁に苦労している人が多い」ということを意味するだろう。

もしオナ禁に苦労していないとすれば、このブログを再度訪問する必要はなく、その分だけリピーターの割合が減っていくはずだからだ。 (さらに…)

続きを読む