(日記)ブログの執筆から得られたものと近況

このブログは今月11月で開設から2周年を迎える。

ブログを開設した時は、私はすでにリセット無しオナ禁を約2年間継続していた。

すなわち、この記事の執筆現在、私が自慰から解放されてから4年が経とうとしている。

この記事では、近況や効果をまとめてみた。 (さらに…)

続きを読む

(日記)クラブに行った話と久々のオナ禁効果?

最近、私は友人に誘われ、いわゆる「クラブ」に行った。

基本的にはクラブの音楽は耳が痛くなるので苦手なのだが、今回はオナ禁効果(?)もあり、思いのほか楽しめた。

クラブはどこに行っても出会いを求めた男女で大盛況であるが、今回でそうなる真意がよく分かった気がする。 (さらに…)

続きを読む

ブログを続けるには質よりも量、続けることで見えてくること

このブログは開設から1年9カ月を超え、今は記事数も600を超えた。

ブログの開設当初、まずは「1記事あたり1000文字以上、300記事を作成すること」を目標に続けていたが、まさかここまで続くとは自分でも思わなかった。

ブログを長く続けるには、何よりも「質より量」だと思う。 (さらに…)

続きを読む

(日記)海外で「本当の幸せ」を感じた話

ずっと前から胃が痛かった。

また、外国人の前に立って発表をしなければならない。

もちろん他に誰かに強制されたわけではなく自分自分が好きで望んだことだが、それでも慣れないものは慣れない。

「まあ何とかなるさ」と思っていても、発表直前になるまで気が気ではなかった。 (さらに…)

続きを読む

(日記)危機感を持つことの大切さ ~好景気と不景気の波~

今回の記事は個人的な日記でありやや堅めだが、オナ禁者をはじめ、日々の自己改善を怠らない人にはよくわかる内容だと思う。

「人は見た目が9割」と言われるが、これはその通りだと思う。

自分に対して厳しいか甘いかは、その人の見た目にモロに表れる。

いわゆる”オナ猿的な目”というものは、その典型例だろう。 (さらに…)

続きを読む

(日記)他のオナ禁者のブログを読んだ感想など

以前の記事で述べたことがあるが、私は基本的に他のオナ禁者のブログを読まないという方針を持っている。

その主な理由は、「他の人の禁欲方法に染まりたくないから」というのと、「リセット報告があるから」、そして極め付けなのが、「得られるものがほとんどないから」である。

その中でも特に「オナ禁の効果」を解説しているものに関しては、過去に全て自分が体験済みのものばかりが記載されているため、読んでも全く得られるものがないと感じる。

このような(上から目線な)方針を持ってはいるものの、先日私にご相談メッセージをいただいた方がオナ禁ブログを運営されていたので、せっかくなのでその方のブログを読ませていただいた。

その方のオナ禁ブログをじっくり読んでみると、自分にはない観点や新たな気づきがあり、読んでよかったと思えた。

「オナ禁ブログを読んでも得られるものがほとんどない」というのは、撤回しようと思う。
(さらに…)

続きを読む

(日記)win-loseの状況からの脱出

最近、私は仕事上で、このタイトルにあるような状況に悩んでいた。

「win-loseの状況」とは、「どちらかが得(win)をして、どちらかが損(lose)をする」という状況だ。

悩むということは、損をするのはもちろん私のほうである。

簡単に言うならば、会社の都合の良いように私は利用されそうになっていた。 (さらに…)

続きを読む

批評家の言う「できっこない」をやり遂げる快感

「そんなこと、できるわけがない。」

ありとあらゆるところで、誰かが何かを否定している。

誰かを非難したり、何かを否定することは、言うだけならとてもカンタンなこと。

何も知らないしできない小さな子供だって、文句を言うだけならできる。

つまり、「否定するだけの人(=批評家)の思考回路は、小さな子供と同じ」ということになる。

(さらに…)

続きを読む