「習チャレシリーズ」つまらなく感じても物事を続けられる背景

私の第二外国語の学習期間も、連続で50日を超えた。

毎日勉強しているものの、内容ははっきり言ってちんぷんかんぷん。

初見の文章は、何を言っているのか全くと言っていいほどわからない。

それでも、どんなに仕事で忙しくても、何か他の大事な用があっても、少しずつだが必ず「毎日」第二外国語の勉強をしている。

なぜこんな暗号を解読するような文章の学習をここまで続けられるのか。。 (さらに…)

続きを読む

「習チャレシリーズ」新習慣の継続40日間達成から気が付いたこと

習慣チャレンジ(略して「習チャレ」)シリーズの第3弾。

私が習慣にしたいと思っていることは、

「第二外国語の学習」

これは、「毎日、どれだけの期間、第二外国語を勉強し続けることができるか」どうかというチャレンジだ。

この記事の執筆現在で、第二外国語の学習期間は40日間を超えた。

この40日間達成において、気が付いたことを述べたい。
(さらに…)

続きを読む

差別化戦略の大切さ ~自分の身は自分で守る~

この世の中は無情。

周りの人は誰も自分のことを”本当の意味で”助けてはくれない。

国もしかり。

いまいくら年金を払っても老後の資金は保証されないし、少子化対策を盛んに謳いながらもいまだに保育園は圧倒的に足りず保育士の給料も低いまま。

誰かに頼っても、報われることはない。

なので、最後は自分の身を自分で守るしかない。 (さらに…)

続きを読む

「習チャレ」シリーズより 習慣化の初期段階のコツ(経験談)

私の第二外国語の学習は、現在のところ25日間(この記事執筆時点)、継続している。

私はこれを「習慣化チャレンジ」と呼んでいる(こちらの記事参照)

「第二外国語という日本の生活ではまったく必要のないものの勉強を果たして習慣化できるか?」

というチャレンジだ。

25日間続いていることから、「習慣化の初期段階」といえるだろう。

(さらに…)

続きを読む

習慣化チャレンジ(略して「習チャレ」)~どれだけの期間続ければ習慣化できるか~

この「習チャレ」シリーズ、個人的な日記に近くなると思う。

だけど、何かの物事の継続に苦しんでいる人にとっては、きっと何かのヒントが得られることだろう。

  • 英語の学習(6~7年間くらい)
  • ランニング(3年間くらい)
  • このブログ(2年間半くらい)
  • ジム通い(8カ月間くらい)

これらは私の趣味でもあり、かつ、習慣。

いずれもすでに習慣化ができたと思っている。

だけどこれら習慣化できた物事の裏には、いくつもの、もはや数え切れない(数えたくない)くらいの習慣化できなかった物事があった。 (さらに…)

続きを読む

物事が継続できないとき(挫折するとき)とその処方箋

ネガティブなタイトルではあるが、自分への戒めも兼ね、インパクトが残るタイトルにした。

「続けたら良いことがあるのはわかってる、だけど続けられない」

こう思うのは人間の共通の悩みだと思うし、私もそのうちの一人。

なぜヒトは継続できないのか、その理由を考えてみたい。

 

(さらに…)

続きを読む

良い習慣を継続させるコツ2つ(経験談込み)

私にとっての「3大」継続中の良い習慣は、英語の学習ランニング、そして筋トレ(このブログは不定期の更新なので除外した)。

これらが継続している期間は、いずれも数年間。

スポーツジムを契約して本格的な筋トレを始めてからは、今で7カ月間くらい。

手前味噌になるが、「良い習慣を挫折することなく続けることができている」と言っていいと思っている。

(さらに…)

続きを読む

「他人に厳しく自分に甘い人にならない」~ブログ執筆から得られるもの~

私は社会人1年目の時、直属の上司からこのように言われたことがある。

上司「いいか、靴は値段が高くて良いものを履け。でないと取引先から足元見られるぞ。」

と。

これは、靴なんたら流通センターで2980円で買えるような安物の革靴を履いていると、文字通り”足元を見られる”(=なめられる)と、上司はこう言いたかったのだろう。

ところが、私にこう助言してくれた上司の靴をよーく見てみると、その時に上司が履いていた靴は踵が限界まですり減っていてボロボロだった。 (さらに…)

続きを読む

続いていた物事をほっぽり出して挫折してしまう理由

ごくごく最近、私は一つの物事に挫折してしまった。

とあるスキルを身につけようと月謝をクレジットカードで払って学習していたのだが、払うのをやめてしまった。

やめてしまった原因をはっきりと言うと、このスキルの学習に飽きてしまった。

この学習が続いた期間は、だいたい1か月くらい・・(挫折のショックで続いた期間をきちんと数えるのもイヤになっている)

私はその物事学習の習慣化に失敗したのだ。 (さらに…)

続きを読む