目標達成後に「自分へのご褒美」をすると脳ですり替えが起きる

辛い何かを長い間続けるには、目標を達成した後に「自分へのご褒美」をすることが必須だと感じる。

たとえばオナ禁して何かを達成した時、自分へのご褒美を弾むと、次につながるだろう。

(ただしそのご褒美がオナニーすることでは、オナ禁の意味はない・・) (さらに…)

続きを読む

安易に快楽を享受すると将来に必ず代償を払う

最近のニュースは、著名人(政治家や芸能人など)による不祥事(率直に言えば不倫)の話ばかり。

いずれの著名人も、社会的に認められていて、収入も多く、努力を継続できる(努力をしてきた)人たちばかりなのに。

なぜ努力の継続ができる人たちが、こうも安易に問題事項を起こしてしまうのか?

ここに、”欲望”の恐ろしさを感じる。 (さらに…)

続きを読む

毎日同じ事を繰り返していて飽きないか?~物事継続の工夫~

「僕は極度の飽き症で、毎日同じ事を繰り返しているとすぐに飽きてしまいます。どうすればさおけんさんみたいに続けられるようになりますか?」

いただいたこのメッセージを読んで、至極ごもっともな質問だと思った。

ウソだと思われるかもしれないが、実は私も飽き症である。

始めたけど続けられなかった物事や趣味は山ほどある。

だけど、私は禁欲とランニングは3年超、このブログは1年半くらい続いている。

実は、これらも、飽きてきたと感じることがたまにある。

それでも、なんやかんやで続けられている。 (さらに…)

続きを読む

「引き寄せの法則」の再考察

引き寄せの法則については過去にいくつか記事にしているが、ここで改めて考察したいと思う。

欲しいものを強く願えば何でも手に入れることができる。

その願いは、当初の願いとは形を変えて叶うことが多い。

私は、「まとまったお金が欲しい」とずっと願っていた。

そうしていたら、その半年後くらい、当初の願いとは違う形で手に入った。 (さらに…)

続きを読む

性エネルギーの転換運動1ヶ月の効果3つ

私はこの最近1ヶ月間、定期的にチベット体操をし、瞑想をし、チャクラを意識した生活を送っている。

瞑想中には、下半身に貯まった性エネルギーが体内に巡回しているかのようなイメージも行っている。

いわゆる「性エネルギーの転換」というものを1か月間、積極的に行ってきた。

ここでは総称して”転換運動”と呼ぶことにする。

この転換運動の成果のいくつかについて、こちらに記したい。 (さらに…)

続きを読む

ヴィシュッダ(第5チャクラ・喉)を開く運動と伝わる英語

私は割と口が上手く回らなかったり、言いたいことをかんでしまったり、自信がない時には声が小さくなることがある。

また、緊張するとかなりの早口になる。

これは私だけかと思っていたのが、自信がない時に声が小さくなる、緊張すると早口なるというのは共通しているらしい。

そんな時には、喉にある第5チャクラ(ヴィシュッダ)を刺激することが役に立つとかんじる。 (さらに…)

続きを読む

アージュニャー(第6チャクラ・額)の活性化方法と経験談

チャクラの話はここ最近の記事で述べている。

チャクラを知れば知るほど、学べば学ぶほど、その神秘的な力に驚かされるばかりである。

最近、私は額にあるとされるアージュニャー(第6チャクラ)の活性化に関するセラピーを受けたので、この記事にて述べようと思う。 (さらに…)

続きを読む

ムーラーダーラ(第1チャクラ・骨盤)の解放鍛錬方法とその効果

前回の記事ではチャクラの全体的な話を書いたので、ここからは具体的なチャクラの鍛錬方法の話に入ろうと思う。

ちなみに、「チャクラを自己流で鍛えると、違った方向に行ってしまったり、場合によっては身体に危険を及ぼす場合がある」といった記述が、本・ネットを含め多数存在する。

そのため、ここで紹介することを実行するのは自己責任で。 (さらに…)

続きを読む

チベット体操と7つのチャクラの話

この記事はややスピリチュアルなところがあり、なんだか怪しい話に聞こえるかもしれないが、宗教などを勧誘するつもりはないのでご安心を。

私はチャクラを意識した生活をしてからというもの、多少なりとも効果が実感できているので、ここに記したい。

最近の私は、寝る前に簡単なチベット体操をする習慣ができた。

チベット体操を知ったきっかけは、「チベット体操をすると性エネルギーの転換ができる」ということだった。

それを知った私は、このブログで過去に「チベット体操をやる!」・・と言いながら有言不実行で全くやっていなかった。

だが、一発奮起してチベット体操をいざやってみたら、割と苦労せずにチベット体操の習慣化ができた。

そしてその後、不思議な体験(効果)が起きた・・・

この効果を感じてからというもの、インドヨガ、特にチャクラの話にとても興味を持つようになった。 (さらに…)

続きを読む