出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない

私は数年前に社内で少し目立つ発言、つまり今までの組織や方法を変えないといけないような発言をしていた時があった。

その時は、周りにいた方々から避難轟轟の嵐だった。

  • 「生意気だ!」
  • 「経験も結果もないくせに・・」
  • 「そんなことしなくたって、今までと一緒でいいだろう」

面と向かって言うならまだしも、陰口もよく叩かれていた。

(さらに…)

続きを読む

費用対効果(再投資)の有望な選択肢3つ

投資の世界では、

「稼いだお金は再投資しよう」

と口が酸っぱくなるほどよく言われているる。

給料でも株の収入でも何でも、稼いだお金のすべてを遊びに使ってしまっては、その時は楽しいかもしれないが後には何も残らない。

ここで遊びに使わずずに踏ん張って何かに投資をすれば、それら投資のうちのどれかの花が開くことがある。

再投資とは要するに、「将来的にさらなる利益となって返ってくる投資」ということになる。 (さらに…)

続きを読む

金持ちケンカせず ~お金持ちと貧乏人の考え方の違い~

先日、長年の友人と飲みに行った。

その人は典型的なサラリーパーソンではあるが、旅行が趣味で世界を飛び回り50カ国以上旅したことがある個性的な人であり、私とは話題が尽きない。

だが、少し残念なことに、口がややでかい。

共通の知り合いで経営者としてある程度成功している人の話題になった時、その友人はこう言った。

「数年前のあの人は全然たいしたこと無かったのに」

これを聞いた私は、返事をせず。 (さらに…)

続きを読む

勉強がキライにならないコツ ~なぜ勉強が必要なのか~

信じらてもらえないかもしれないが、私は勉強があまり好きではない。

ほぼ毎日語学や何かしらの学習したり、それなりに頭を使うような仕事をしているものの、それでも勉強が苦手なものは苦手だ。

できることならば勉強はしたくないと思っている。

勉強するよりも遊びに行くほうが好きだし楽しい。

「勉強が心の底から好きで好きでたまらない」と思える人は、本当に恵まれていると思う。

いや、そういう人は、「勉強が面白いと思えるように努力している」ということだろう。 (さらに…)

続きを読む

願望を持ってから叶うまでのプロセス経験談 その1

巷にあふれかえっている、いわゆる”願いが叶う本”には、

「夢は願望形(~したい、~になりたい)ではなく、断定形(~をする、~になる)で思うこと

本によって表現の違いはあれども、どれも似たようなことが書いてある。

だが、願望を書いてから実際に叶うまでの具体的なプロセスについては、そういった本ではあまり触れられていないことが多い。

ここでは、私が願望を持ってから実際にその願望が叶うまでの過程(プロセス)について述べたいと思う。 (さらに…)

続きを読む