英語学習とモテの関係 その2

前回の記事では、なぜ私が英語を勉強するに至ったかについて述べた。

また、前回の記事の冒頭でも述べた通り、英語ができればモテると思う。

ただ、「英語ができる」なんてことは自分からは死んでも絶対に言えない。

もしそんなこと言ったら、イヤミったらしくなるだけ。

これは「オレは東大出身」「私は美人」と、誰からも聞かれてもいないのに自分から言うようなもんだ。

だから私は初対面の人に対して、自分の英語に関しては隠している。

(さらに…)

続きを読む

英語の学習とモテの関係 ~英語嫌いから英語好きになるコツ~

Jump to the conclusion(=結論から言うと)、英語ができるとモテると私は思う。

私は大学生の時まで「日本にいても英語なんてほとんど使わないし、英語なんて勉強しても意味ない」・・と、こう本気で思っていた。

ただしあくまでこれは建前で、本音を言うと私は英語アレルギーで外人が大の苦手だった。

あの青かった頃の私から10年以上の時が経ち、この考えは完全に間違いだったと実感する。

今では過去の自分の過ちを正すべく、日々英語の勉強をしている。

(さらに…)

続きを読む

努力している姿を他人に見せるべきか否か~努力とその成果~

「努力は人に見せるべきものではない」

とはよく言われる。

これはその通りだと思う。

だけど、他に誰かに見られることのない努力の習慣であっても、最終的には、その努力の「成果」については、いつかどこかで誰かに見られることになる。

それは生きている時かもしれないし、もしかしたら死んだ後かもしれない。 (さらに…)

続きを読む

日本人の英語リスニング・スピーキングが不得意な理由

日本人にとって、英語のリスニング(聞く力)とスピーキング(話す力)は難易度が高いように思う。

私もしばらくずっと英語を勉強しているが、リスニングとスピーキングについては、いくら勉強していてもリーディング(読み)とライティング(書き)ほどにできるようにはなっていない。

それはなぜか? (さらに…)

続きを読む

英語を「読む力」と「書く力」の鍛え方

前回の記事の続きである。

繰り返しになるが、英語と禁欲の相性はとても良い。

オナ禁を始めてから英語の学習も並行して行ったところ、TOEICの点数がみるみるうちに上がっていった。

面白いように目に言えて点数が上がっていくので、英語の学習も楽しくてしょうがなくなってきていた。

また、英語が多少なりともできるようになることで、「異性モテ効果」にも貢献していた。

これがまた英語の学習も捗り、またそれと同時に禁欲も捗るようになる。

まさに正のスパイラルである。

(さらに…)

続きを読む

英語遍歴と日本人特有の英語の4つの力

個人的に思うことは、禁欲と英語の相性は抜群だと思う。

禁欲によって脳が研ぎ澄まされてくると、英語フレーズの一言一句を脳がキャッチしやすくなる。

また、もし英語をリスニングしていて聞き取れない言葉があったとしても、禁欲パワーがあると、何とか言葉の滝の流れに食らいついていこうとする気力が生まれてくる。

何度も繰り返し英語を聞き、その発音からアルファベットを推測して書き取って意味を調べれば、これで一つ語彙が増える。

英語に興味のあるオナ禁者は参考になるだろう。
(さらに…)

続きを読む

ヴィシュッダ(第5チャクラ・喉)を開く運動と伝わる英語

私は割と口が上手く回らなかったり、言いたいことをかんでしまったり、自信がない時には声が小さくなることがある。

また、緊張するとかなりの早口になる。

これは私だけかと思っていたのが、自信がない時に声が小さくなる、緊張すると早口なるというのは共通しているらしい。

そんな時には、喉にある第5チャクラ(ヴィシュッダ)を刺激することが役に立つとかんじる。 (さらに…)

続きを読む

(日記)身銭を切ると真剣になる ~モノよりも経験~

私事の日記になるが、私は前に行った短期の海外留学で、留学費用として全部で約25万円を使った。

言うまでもないが、親や誰かから払ってもらったものではなく、すべて自分で仕事をして貯めたお金である。

これをムダとみるか、有用とみるか。 (さらに…)

続きを読む