英語の学習とモテの関係 ~英語嫌いから英語好きになるコツ~

Jump to the conclusion(=結論から言うと)、英語ができるとモテると私は思う。

私は大学生の時まで「日本にいても英語なんてほとんど使わないし、英語なんて勉強しても意味ない」・・と、こう本気で思っていた。

ただしあくまでこれは建前で、本音を言うと私は英語アレルギーで外人が大の苦手だった。

あの青かった頃の私から10年以上の時が経ち、この考えは完全に間違いだったと実感する。

今では過去の自分の過ちを正すべく、日々英語の勉強をしている。

(さらに…)

続きを読む

習慣化チャレンジ(略して「習チャレ」)~どれだけの期間続ければ習慣化できるか~

この「習チャレ」シリーズ、個人的な日記に近くなると思う。

だけど、何かの物事の継続に苦しんでいる人にとっては、きっと何かのヒントが得られることだろう。

  • 英語の学習(6~7年間くらい)
  • ランニング(3年間くらい)
  • このブログ(2年間半くらい)
  • ジム通い(8カ月間くらい)

これらは私の趣味でもあり、かつ、習慣。

いずれもすでに習慣化ができたと思っている。

だけどこれら習慣化できた物事の裏には、いくつもの、もはや数え切れない(数えたくない)くらいの習慣化できなかった物事があった。 (さらに…)

続きを読む

物事が継続できないとき(挫折するとき)とその処方箋

ネガティブなタイトルではあるが、自分への戒めも兼ね、インパクトが残るタイトルにした。

「続けたら良いことがあるのはわかってる、だけど続けられない」

こう思うのは人間の共通の悩みだと思うし、私もそのうちの一人。

なぜヒトは継続できないのか、その理由を考えてみたい。

 

(さらに…)

続きを読む

良い習慣を継続させるコツ2つ(経験談込み)

私にとっての「3大」継続中の良い習慣は、英語の学習ランニング、そして筋トレ(このブログは不定期の更新なので除外した)。

これらが継続している期間は、いずれも数年間。

スポーツジムを契約して本格的な筋トレを始めてからは、今で7カ月間くらい。

手前味噌になるが、「良い習慣を挫折することなく続けることができている」と言っていいと思っている。

(さらに…)

続きを読む

勉強がキライにならないコツ ~なぜ勉強が必要なのか~

信じらてもらえないかもしれないが、私は勉強があまり好きではない。

ほぼ毎日語学や何かしらの学習したり、それなりに頭を使うような仕事をしているものの、それでも勉強が苦手なものは苦手だ。

できることならば勉強はしたくないと思っている。

勉強するよりも遊びに行くほうが好きだし楽しい。

「勉強が心の底から好きで好きでたまらない」と思える人は、本当に恵まれていると思う。

いや、そういう人は、「勉強が面白いと思えるように努力している」ということだろう。 (さらに…)

続きを読む

「できない人がいるからこそ、できる人が輝く」の法則

私はオナ禁ブログは読まなくなったものの、筋トレブログなどは複数のブログを読んでいる。

そのとある筋トレブログの中で、

「世の中はぶよぶよのお腹をしたオヤジや、ガリガリのもやし男がとても多い。なんと嘆かわしいことか!」

といった類の投稿を見かけることが、たまに(いや、よく)ある。 (さらに…)

続きを読む

物事継続のコツ:自分独自の方法を編み出す

尊敬する誰かのマネをするというのは、よくあること。

どんな偉人であっても、最初は誰かのフォロワーだったり、先人からインスピレーションを受けていたりする。

「影響を受けたアーティスト」というやつだ。

だがその人の真似をしているうちは、その人を超えることはない。

コピーバンドがどんなにうまく音楽をコピーをしたとしても、永遠に売れることがないのと同じ。 (さらに…)

続きを読む

ブログ継続のコツ:逃げ道を作らない

当ブログは、開設からこの記事執筆時点で1年と数カ月、1000文字超の記事数は400を超えた。

まだまだ多いとは言えないまでもそれなりのアクセス数があり、一応は「ブログが継続している」と言っても良いと思っている。

大御所ブロガーから見ればまだまだ赤子でヒヨッコな私さおけんではあるが、今回は、「ブログを続けられない」と嘆いているブログオーナー向けに記事を書こうと思う。

この記事にはオナ禁の話も少し登場するが、オナ禁していないブログオーナーも歓迎である。 (さらに…)

続きを読む

物事継続のコツ:やらないと気持ち悪く感じるまで続ける

意思力は感染するオナ禁をするとエネルギーに満ち溢れる。

これが、オナ禁には秘めたるパワーがあるとされる所以だろう。

理屈でいえば、今まで無駄打ちしいていた莫大なエネルギーを体内に貯めこむのだから、当然と言えば当然だ。

問題となるのは、オナ禁で得たエネルギーの使い道である。 (さらに…)

続きを読む