「禁欲効果」とはどういうものかを考える

最近になって特に思うことは、「オナ禁の難易度は徐々にではあるが下がりつつある」と感じている。

なぜならば、実際の飲み会の場で「オレは最近オナ禁してる」と公言する人が徐々に出てきたからだ。

(この話になると、たいていは「リセットした時にものすごい量が出た」という笑い話に繋がることが多いが)

これほどオナ禁に関する情報が氾濫していては、難易度が下がるのも仕方ない。

(さらに…)

続きを読む

(日記)ブログの執筆から得られたものと近況

このブログは今月11月で開設から2周年を迎える。

ブログを開設した時は、私はすでにリセット無しオナ禁を約2年間継続していた。

すなわち、この記事の執筆現在、私が自慰から解放されてから4年が経とうとしている。

この記事では、近況や効果をまとめてみた。 (さらに…)

続きを読む

~コラム~ 40歳からの禁欲効果と生き方

私はまだ30代半ばなので、40代の事は経験していない。

だが、いずれ必ず40代がやってくる。

この記事は私のかなり主観が入っているが、一般的な40代について異性と禁欲との付き合い考察をしてみたいと思う。

まずは、結婚しているかしていないかで大きく立場が異なってくる。 (さらに…)

続きを読む

禁欲効果にリミット(限界)はない ~ゆでガエル理論~

  • 引き寄せの法則
  • スピリチュアル
  • 潜在意識

こういったものは昔はまったく信じなかったが、今は違う。

こうも思考が現実化していると、こういった概念的なものも信じざるを得ない。

残念ながら、何事もいきなり劇的には変わらない。

だが上がったり下がったりしながらも、徐々に確実に上向きになり、いずれ願いが叶う。

(さらに…)

続きを読む

投資と効果 ~時間は有限~

私は前にジムに入会する際、2週間くらい先延ばしにしていたことがある。

さっさと申し込めばいいのに、グズグズしていた。

その理由は簡単で、お金を出すことを(=投資すること)をためらっていた。

  • 「行くのがめんどくさくなったらどうしよう」
  • 「走ったり筋トレしたりがしんどくてイヤになったらどうしよう」
  • 「がんばって行ってもあまり効果がでなかったらどうしよう」

そうこうグズグズと考えているうちに、だんだんジムへ行くことに対するやる気がなくなっていたのを感じた。 (さらに…)

続きを読む

~コラム~ オナ禁を知らなかった時のほうが幸せ?

世の中にはオナ禁を知らない人もいることだろう。

ふとしたことで「オナ禁」というワードに出会い、過度の自慰行為には害があるということを知ってしまう。

言うまでもないが、このブログにたどり着いている方は、すでにオナ禁を知ってしまっている。

なまじオナ禁に出会ってしまったがために、自慰行為が継続できない苦しみを味わってしまい、自分を責め、オナ禁を知らなった時のほうが好きにできて楽しかったと感じている人もいるかもしれない。 (さらに…)

続きを読む

「性欲を限界まで高めて接しても漏らさず」1か月後の効果3つ

「性欲の限界まで上昇+完全射精禁」から、1ヵ月。

この1ヵ月間というのは、私の長年の禁欲ライフの中でも完全に未知の体験である。

これをやっていると、今までのセクリセ(性行為での射精)OKルールというのは、実はそれほど難易度が高くないことのように思えてきた。

なにせ、今まで”やった”時というのは、”必ず出していた”からだ。

(さらに…)

続きを読む

長年の禁欲生活で得られたもの(箇条書き+補足説明)

今回の記事の主体は、箇条書き。

敢えて詳しい説明を加えないこととした。

この箇条書きを読んで、禁欲を長く続けている人にだけわかる内容となっている(かもしれない)。

逆にこれがわかるようになれば、禁欲の継続ができているというメルクマールとなっている(かもしれない)。

意味不明なことを言っているかもしれない、そんな”さおけんワールド”がこちら。 (さらに…)

続きを読む

「性欲を限界まで~接しても漏らさず」翌日以降の効果

あれから数日。。

いろいろと凄まじい効果を感じた。

これほど凄まじい効果があるにも関わらずほとんど語られることがないのは、それほどオルガスムの誘惑が強いということだろう。

(言うまでもないが、誘惑に負けて出してしまったとしたら「接しても漏らさず」にはならない)

また、出す機会があるのにそれを敢えて出さないことを選択する男はほとんどいないということでもあるだろう。

(さらに…)

続きを読む