改めて考える、脳内で欲望が発生する仕組み

ムラムラ脳内で欲望が発生する仕組みは、いたって簡単である。

「なんらかの方法で”刺激があった”から、欲望が発生する」のである。

ここでいう”刺激”とは「物理的な刺激」と「視覚からの刺激」という二つの意味が含まれる。

物理的な刺激については、説明するまでもないので省略する。

視覚からの刺激とは、エロ情報が目を通して脳内に入ってくることである。

視覚以外にも嗅覚や聴覚・触覚などがあるが、男にとってこれらは視覚に比べると刺激は少ない。 (さらに…)

続きを読む

オナ禁継続のコツ:その都度襲われる物欲を抑える

物欲2「物欲と性欲は違う」といった反論があるかもしれない。

だが、何かを買うことによって得られる快感と、性欲を満たすことによって得られる快感は、脳内では同じドーパミンが発生する。

物欲も性欲も、「満たされた時に気持ちよくなる」という点では共通している。

(さらに…)

続きを読む

物欲・食欲と性欲との関係 ~インスタント快楽の罠~

目先の利益インスタント快楽(Instant gratification / pleasure)とは、目先にあってすぐに手に入れられる快楽のことである。

インスタント快楽は目先にあり簡単に手に入る反面、その快楽享受の期間が長く継続せず、また快楽を享受した後に後悔を伴うことが多い。

オナ禁などの努力を要することは、目先のインスタント快楽を避けて長期的な利益を取る行為ともいえる。 (さらに…)

続きを読む