「禁欲効果」とはどういうものかを考える

最近になって特に思うことは、「オナ禁の難易度は徐々にではあるが下がりつつある」と感じている。

なぜならば、実際の飲み会の場で「オレは最近オナ禁してる」と公言する人が徐々に出てきたからだ。

(この話になると、たいていは「リセットした時にものすごい量が出た」という笑い話に繋がることが多いが)

これほどオナ禁に関する情報が氾濫していては、難易度が下がるのも仕方ない。

(さらに…)

続きを読む

(日記)ブログの執筆から得られたものと近況

このブログは今月11月で開設から2周年を迎える。

ブログを開設した時は、私はすでにリセット無しオナ禁を約2年間継続していた。

すなわち、この記事の執筆現在、私が自慰から解放されてから4年が経とうとしている。

この記事では、近況や効果をまとめてみた。 (さらに…)

続きを読む

「女から言い寄られたらノーと言え。」

タイトルのセリフは、戦後日本においてGHQからの主権回復に貢献し、”日本一モテた男”と言われた白洲次郎の言葉である。

私はこの言葉がとても身に染みている。

男はみんながみんな、女が思っているほど性欲に忠実に行動するわけではない。

真の男は、大事なことの前には必ず禁欲をする。

禁欲をすることの先には、一時的な性欲を満たすこと「性行」よりも大切な「成功」がある。

(出典:白洲次郎20代の頃) (さらに…)

続きを読む

「チェイサー・エフェクト」の仕組みとその対策法3つ

チェイサー・エフェクト(chaser effect)を直訳すれば、「追いかける効果」「追撃者の効果」。

”チェイサー”とは、バーなどでもらう水の入った瓶と同じ。

このチェイサー(水瓶)は、アルコールを飲んだ後に水や炭酸水などで”追いかける”ことによって、体内のアルコール濃度が薄まって翌日にお酒が残りにくくなる。つまりチェイサーを飲むことで、良い効果がある。

だが禁欲において使われる「チェイサー・エフェクト」とは、このような良い意味ではなく、悪い意味で使われる。 (さらに…)

続きを読む

自慰行為を忌み嫌う理由を改めて考える

最近の私は実のところ、オナニーを忌み嫌う”理由”というものを忘れつつあった。

オナニーフリー(自慰行為しない状態)となってから、かなり長い時間が経っているからだろうか。

当たり前のことを言うようだが、このブログを1年以上も書いている私は、オナニーが大嫌いのはずである。

そこで、改めて私がオナニーを忌み嫌う理由を考えてみたいと思った。

ムラムラを抑えたい方にとって、この記事は必ず役に立つだろう。

時代は、私のオナ猿時代(10~20代)に遡る。 (さらに…)

続きを読む