「習チャレシリーズ」つまらなく感じても物事を続けられる背景

私の第二外国語の学習期間も、連続で50日を超えた。

毎日勉強しているものの、内容ははっきり言ってちんぷんかんぷん。

初見の文章は、何を言っているのか全くと言っていいほどわからない。

それでも、どんなに仕事で忙しくても、何か他の大事な用があっても、少しずつだが必ず「毎日」第二外国語の勉強をしている。

なぜこんな暗号を解読するような文章の学習をここまで続けられるのか。。 (さらに…)

続きを読む

「習チャレシリーズ」新習慣の継続40日間達成から気が付いたこと

習慣チャレンジ(略して「習チャレ」)シリーズの第3弾。

私が習慣にしたいと思っていることは、

「第二外国語の学習」

これは、「毎日、どれだけの期間、第二外国語を勉強し続けることができるか」どうかというチャレンジだ。

この記事の執筆現在で、第二外国語の学習期間は40日間を超えた。

この40日間達成において、気が付いたことを述べたい。
(さらに…)

続きを読む

差別化戦略の大切さ ~自分の身は自分で守る~

この世の中は無情。

周りの人は誰も自分のことを”本当の意味で”助けてはくれない。

国もしかり。

いまいくら年金を払っても老後の資金は保証されないし、少子化対策を盛んに謳いながらもいまだに保育園は圧倒的に足りず保育士の給料も低いまま。

誰かに頼っても、報われることはない。

なので、最後は自分の身を自分で守るしかない。 (さらに…)

続きを読む

「習チャレ」シリーズより 習慣化の初期段階のコツ(経験談)

私の第二外国語の学習は、現在のところ25日間(この記事執筆時点)、継続している。

私はこれを「習慣化チャレンジ」と呼んでいる(こちらの記事参照)

「第二外国語という日本の生活ではまったく必要のないものの勉強を果たして習慣化できるか?」

というチャレンジだ。

25日間続いていることから、「習慣化の初期段階」といえるだろう。

(さらに…)

続きを読む

習慣化チャレンジ(略して「習チャレ」)~どれだけの期間続ければ習慣化できるか~

この「習チャレ」シリーズ、個人的な日記に近くなると思う。

だけど、何かの物事の継続に苦しんでいる人にとっては、きっと何かのヒントが得られることだろう。

  • 英語の学習(6~7年間くらい)
  • ランニング(3年間くらい)
  • このブログ(2年間半くらい)
  • ジム通い(8カ月間くらい)

これらは私の趣味でもあり、かつ、習慣。

いずれもすでに習慣化ができたと思っている。

だけどこれら習慣化できた物事の裏には、いくつもの、もはや数え切れない(数えたくない)くらいの習慣化できなかった物事があった。 (さらに…)

続きを読む

「リミットレス」~脳パワーに限界はない~

「いくら仕事や勉強をしていても全然疲れない。それどころかアイデアがポンポンと浮かんでくる!」

こういった経験は、禁欲者ならば誰にでもあるのではないだろうか。

これは有名な「スーパーサイヤ人効果」と呼ばれるもの。

私が思うに、この「スーパーサイヤ人効果」というものは、一時的に脳の5割以上を使っているのだろう。

ある一定の条件を満たした時に、体内に溜まった性的なエネルギーが脳の隅々にまで行き渡り、普段の自分では考えられないようなことができるようになって、怖いものがなくなる。 (さらに…)

続きを読む

「その他大多数」から抜け出す考え方と方法 ~真の禁欲効果~

前回の記事で英語の話をしたので、その続きを少し。

ブログでは何度か述べてる通り私は英語の勉強が趣味なのだが、私はそれほど英語が得意というわけではない。

そらあ全く勉強してない人からすれば、”英語ができる”という部類には入るのかもしれない。

だけど、外国人との意思疎通にはいまだに苦労してばかり。

ちなみに、英語が苦手とされる日本人でも英語のできる人はそれなりにいる。

感覚的には、世の中に10人いればそのうちの1人くらいの割合で、英語での意思疎通が難なくできる人がいる。実際に。

私からすれば、そういう人はすごい人だ。

どうすればそんなすごい人になれるのか・・・ (さらに…)

続きを読む

出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない

私は数年前に社内で少し目立つ発言、つまり今までの組織や方法を変えないといけないような発言をしていた時があった。

その時は、周りにいた方々から避難轟轟の嵐だった。

  • 「生意気だ!」
  • 「経験も結果もないくせに・・」
  • 「そんなことしなくたって、今までと一緒でいいだろう」

面と向かって言うならまだしも、陰口もよく叩かれていた。

(さらに…)

続きを読む