「習チャレシリーズ」つまらなく感じても物事を続けられる背景

私の第二外国語の学習期間も、連続で50日を超えた。

毎日勉強しているものの、内容ははっきり言ってちんぷんかんぷん。

初見の文章は、何を言っているのか全くと言っていいほどわからない。

それでも、どんなに仕事で忙しくても、何か他の大事な用があっても、少しずつだが必ず「毎日」第二外国語の勉強をしている。

なぜこんな暗号を解読するような文章の学習をここまで続けられるのか。。 (さらに…)

続きを読む

差別化戦略の大切さ ~自分の身は自分で守る~

この世の中は無情。

周りの人は誰も自分のことを”本当の意味で”助けてはくれない。

国もしかり。

いまいくら年金を払っても老後の資金は保証されないし、少子化対策を盛んに謳いながらもいまだに保育園は圧倒的に足りず保育士の給料も低いまま。

誰かに頼っても、報われることはない。

なので、最後は自分の身を自分で守るしかない。 (さらに…)

続きを読む

物事が継続できないとき(挫折するとき)とその処方箋

ネガティブなタイトルではあるが、自分への戒めも兼ね、インパクトが残るタイトルにした。

「続けたら良いことがあるのはわかってる、だけど続けられない」

こう思うのは人間の共通の悩みだと思うし、私もそのうちの一人。

なぜヒトは継続できないのか、その理由を考えてみたい。

 

(さらに…)

続きを読む

良い習慣を継続させるコツ2つ(経験談込み)

私にとっての「3大」継続中の良い習慣は、英語の学習ランニング、そして筋トレ(このブログは不定期の更新なので除外した)。

これらが継続している期間は、いずれも数年間。

スポーツジムを契約して本格的な筋トレを始めてからは、今で7カ月間くらい。

手前味噌になるが、「良い習慣を挫折することなく続けることができている」と言っていいと思っている。

(さらに…)

続きを読む

ブログ論 ブログの執筆から得られているもの

今回の記事は主にブロガー向けということになるのだろう。

このブログは2015年11月に開設したので、この記事の執筆現在(2018年4月)でだいたい2年半という期間継続している。

簡単にネタ切れを起こしそうなこのニッチな分野で、よくまあここまでもっているもんだ(自画自賛) (さらに…)

続きを読む

「欲望のままに生きる」ことから「欲望スルー」への第一歩

男は何の前触れもなく突然ムラムラする。

そんなものすごい性欲(=ムラムラ)に襲われた時、男が取る行動ステージには、大きく分けて次の2つがある。

ステージ1.ムラムラに従って性欲を満たす(欲望のままに生きる)

ステージ2.ムラムラに抗うか無視をする(欲望スルー)

そして、(当たり前のことを言うようだが・・) (さらに…)

続きを読む

禁欲を継続させる秘訣(敢えて一つだけ)

「さおけんさんの禁欲の秘訣は何ですか?」

ブログの訪問者からこのように聞かれることがある。

「秘訣」・・なんてものは無い。

ただひたすらに、禁欲を続けるという以外には。

・・・とか言ったらあまりに冷たすぎるので、ここでは敢えて一つだけ秘訣を挙げようと思う。 (さらに…)

続きを読む

人生に一発逆転はないが徐々に逆転はあるという話

悩める人「30代も後半になりもうアラフォーなんですが、彼女がどうしてもできません。オナ禁すればこんなダメな人生を一発逆転できますか?」

 

”今の自分が置かれている環境は、今までの自分の行動の総決算”

もし女の子から「キモい」と言われ避けられているとしたら、それはキモいと思われる習慣や行動を取りつづけている自分に責任がある。

決して女の子が悪いわけではない。

このことは、過去の私の経験から学んだ話。 (さらに…)

続きを読む

Will Power(意思力)を鍛える方法

私はオナニーフリーとなって早数年。

ここまで来るのにだいぶ長くかかったが、振り返ってみると、あっという間だったという気もする。

オナニーフリーの継続のほか、物事を続けるための方法として、ウィルパワー(意思力)ほど大切なものはないと常日頃から感じている。

そう思えるようになったのは、オナ禁始めたときに意思力そのものの学習をしたことがきっかけだった。 (さらに…)

続きを読む

オナニーフリーになるコツ:オナ禁ブログを毎日見ることをやめる

ブログ訪問者「このブログはオナ禁ブログじゃないのか?さおけんは自己啓発をこじらせ過ぎてとうとう頭おかしくなってしまったのか?」

 

・・・私は決して頭がおかしくなっていないし、仕事も順調そのもの。

これは真顔で言っている。

私は断言する。

オナ禁ブログの閲覧を日課にしていると、オナニーフリーになれることはない」と。

(さらに…)

続きを読む