費用対効果(再投資)の有望な選択肢3つ

投資の世界では、

「稼いだお金は再投資しよう」

と口が酸っぱくなるほどよく言われているる。

給料でも株の収入でも何でも、稼いだお金のすべてを遊びに使ってしまっては、その時は楽しいかもしれないが後には何も残らない。

ここで遊びに使わずずに踏ん張って何かに投資をすれば、それら投資のうちのどれかの花が開くことがある。

再投資とは要するに、「将来的にさらなる利益となって返ってくる投資」ということになる。 (さらに…)

続きを読む

勉強がキライにならないコツ ~なぜ勉強が必要なのか~

信じらてもらえないかもしれないが、私は勉強があまり好きではない。

ほぼ毎日語学や何かしらの学習したり、それなりに頭を使うような仕事をしているものの、それでも勉強が苦手なものは苦手だ。

できることならば勉強はしたくないと思っている。

勉強するよりも遊びに行くほうが好きだし楽しい。

「勉強が心の底から好きで好きでたまらない」と思える人は、本当に恵まれていると思う。

いや、そういう人は、「勉強が面白いと思えるように努力している」ということだろう。 (さらに…)

続きを読む

(日記)海外で「本当の幸せ」を感じた話

ずっと前から胃が痛かった。

また、外国人の前に立って発表をしなければならない。

もちろん他に誰かに強制されたわけではなく自分自分が好きで望んだことだが、それでも慣れないものは慣れない。

「まあ何とかなるさ」と思っていても、発表直前になるまで気が気ではなかった。 (さらに…)

続きを読む

英語を「読む力」と「書く力」の鍛え方

前回の記事の続きである。

繰り返しになるが、英語と禁欲の相性はとても良い。

オナ禁を始めてから英語の学習も並行して行ったところ、TOEICの点数がみるみるうちに上がっていった。

面白いように目に言えて点数が上がっていくので、英語の学習も楽しくてしょうがなくなってきていた。

また、英語が多少なりともできるようになることで、「異性モテ効果」にも貢献していた。

これがまた英語の学習も捗り、またそれと同時に禁欲も捗るようになる。

まさに正のスパイラルである。

(さらに…)

続きを読む

英語遍歴と日本人特有の英語の4つの力

個人的に思うことは、禁欲と英語の相性は抜群だと思う。

禁欲によって脳が研ぎ澄まされてくると、英語フレーズの一言一句を脳がキャッチしやすくなる。

また、もし英語をリスニングしていて聞き取れない言葉があったとしても、禁欲パワーがあると、何とか言葉の滝の流れに食らいついていこうとする気力が生まれてくる。

何度も繰り返し英語を聞き、その発音からアルファベットを推測して書き取って意味を調べれば、これで一つ語彙が増える。

英語に興味のあるオナ禁者は参考になるだろう。
(さらに…)

続きを読む

(日記)win-loseの状況からの脱出

最近、私は仕事上で、このタイトルにあるような状況に悩んでいた。

「win-loseの状況」とは、「どちらかが得(win)をして、どちらかが損(lose)をする」という状況だ。

悩むということは、損をするのはもちろん私のほうである。

簡単に言うならば、会社の都合の良いように私は利用されそうになっていた。 (さらに…)

続きを読む

毎日同じ事を繰り返していて飽きないか?~物事継続の工夫~

「僕は極度の飽き症で、毎日同じ事を繰り返しているとすぐに飽きてしまいます。どうすればさおけんさんみたいに続けられるようになりますか?」

いただいたこのメッセージを読んで、至極ごもっともな質問だと思った。

ウソだと思われるかもしれないが、実は私も飽き症である。

始めたけど続けられなかった物事や趣味は山ほどある。

だけど、私は禁欲とランニングは3年超、このブログは1年半くらい続いている。

実は、これらも、飽きてきたと感じることがたまにある。

それでも、なんやかんやで続けられている。 (さらに…)

続きを読む

「英語を学ぶ」から「英語を通じて何かを学ぶ」へ

手段と目的のはき違え」はよく起きると思う。

オナ禁でいえば、オナ禁すること自体が目的となること。

英語の学習でいえば、英語を学ぶこと自体が目的となること。

これらは、努力をすること自体が目的となってしまっている。

大切なことは、「努力をすることによって何を成し遂げたいか」である。

その目的を達成させるための手段として、努力(オナ禁や英語の学習など)がある。 (さらに…)

続きを読む